ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

習い事ナビ 2015.07.23

【コーチインタビュー#2】音階のある打楽器「マリンバ」だから、音感もリズム感も伸ばせる(渡邊まやコーチ)

投稿者: 齋藤純子

インタビュー コーチ

watanabe1-small
国立音楽大学3年生の渡邊まやさん。専門としている楽器はマリンバ。ローズウッドなどの木でできた鍵盤を叩くと音が出る、木琴のような楽器です。マリンバを習うことでどのようなことを学べるのでしょうか。マリンバの魅力についてお話しをうかがいました。

 

「音感」のために、小さい頃から音楽を

マリンバは、ピアノと同じ並びの鍵盤があり、ドレミなどの音階で曲を奏でます。おもちゃのピアノなどを触ったことがあるお子さんにとっては、なじみ易い楽器だと思います。

楽器を習うと「絶対音感」が身に付くのでは? とよく聞かれます。絶対音感は、どの音が「ド」であるか音を聞くだけでわかる能力のことですが、小さい頃から鍛えることで、その能力がアップすると言われています。

絶対音感は、音楽の世界を目指す人だけでなく、音楽を楽しみたいすべての人にとって役に立つ能力です。自分が好きな曲を、いわゆる「耳コピ」して歌ったり踊ったりすることに繋がるので、歌うのが好き、音楽にあわせて踊るのが好き、といったお子さんにおすすめです。もちろん、学校の音楽の授業でも役立ちます。

watanabae_maya_interview2

 

 

マリンバは打楽器。叩くことでリズム感も養える

マリンバは、打楽器の一種です。ドラムなどの他の打楽器と同様に、叩くことで音が出ます。マレットという、毛糸などを先端に巻き付けた専用の棒で叩くのですが、連打や強弱によって、様々な音色が生まれます。一定のリズムで連打することも多いので、リズム感も必要になります。

大学では、マリンバだけでなく、打楽器全般を学んでいます。カスタネット、トライアングル、マラカスも打楽器なので、マリンバ以外に興味がある打楽器があったら、一緒に練習しましょう。

打楽器それぞれの特徴をとらえてレッスンすることで、より音感・リズム感を養うことができます。

 

watanabe_maya_interview3

 

この曲が弾きたい! 好きな曲からはじめよう

「レット・イット・ゴー」や「妖怪体操」など、自分の弾きたい曲をリクエストしてください。私がまずお手本を見せるので、それにあわせて鍵盤を叩くことからはじめます。

マリンバ用の曲も沢山ありますが、まずは自分の好きな曲からスタートできればと思っています。
私もそうですが、好きな曲だとモチベーションが上がります。好きな曲は気持ちを込めやすいですし、その気持ちはマリンバの音となって表れます。気持ちを込めて演奏することで、より多くの人に曲の持つメッセージを届けることができます。

 

子どもの頃習ったパントマイムで表現に奥行きが

私が打楽器に出会ったのは小学4年生の頃。音楽クラブでドラムを演奏する先輩にあこがれて、まずはドラムをはじめました。マリンバに出会ったのはもっと先で、中学に入ってからです。こんなふうに和音を奏でる楽器があるんだと感動し、吹奏楽部でマリンバを担当させてもらったことがスタートです。

小学生の頃はピアノと水泳の他、パントマイムも習っていました。パントマイムをはじめたのは、高学年の頃に大道芸の演技に一目惚れしたことがきっかけです。
パントマイムは音を出さずに表現するという、音楽とは正反対の表現方法です。今思うとあのときパントマイムで異なる表現に出会えたことが、今のマリンバの演奏に繋がっているように思います。

 

watanabe_maya_interview4

 

演じるように、叩く。音楽で気持ちを伝えることができる

海外のオーデションなどに参加すると、私も含め日本人の表現力不足に気づかされます。体全体で曲を表すこと。悲しい曲であれば体全体から悲しみを表すことで音にもその表現がのってくる。女優さんが演技をするように演奏することで、はじめて伝わることもあります。

自分の経験したことすべてが表現の糧となります。できれば一つの習い事だけでなく、様々なレッスンを受けて、見せ方の幅を広げてもらいたいですね。
そして音楽を通じて表現することの楽しさを、私のレッスンによって気づいてもらえたらと思っています。

 
 

<取材・文/齋藤純子>

■お話しを聞いて……
現役の音大生でありながら、子どもたちに音楽の素晴らしさを伝えたいとコーチに登録してくれた渡邊まやさん。子どもへの接し方が自然で、いつか「ディズニー・オン・クラシック」の舞台にも立ちたいとおっしゃっていたほどディズニー好き。子どもたちと一緒に楽しそうにディズニー関連の曲を演奏している姿が印象的でした。

 
 

習い事ナビ 2015.07.8

【コーチインタビュー#1】子どもの感性を伸ばし、「肯定力」を育む生け花(奥平祥子先生)

投稿者: 齋藤純子

インタビュー コーチ

 shoko_eyecatch640

石草流生け花の奥平祥子(おくだいらしょうこ)さん。自然に生えるそのままのあり方を大切にした生け花を教えています。生け花を通じて、子どもたちの「肯定する力」を伸ばしてあげたいとのこと。その思いを伺いました。

 

自然のものをありのまま活ける

私が師範をしている生け花石草流は、教本や骨法などで模範としている型が少ない流派です。最も良いとされる基本の型は伝えますが、花そのもののあり方と、活ける本人がいいと思える角度(確度)を創作の基本と考えています。

自分の思いのまま活けたものであれば、なぜこの花を選び、なぜこのように活けたのか。一人ひとりの中に必ず答えはあります。その感性と表し方を、生け花を通じて伸ばしていただければ、と思います。

shoko_interview1

 

アレンジメントは足し算、生け花は引き算

西洋のアレンジメントと日本の生け花。同じ花を通じた表現方法であるものの、創作のベクトルは正反対です。

アレンジメントは、ゴールとして思い描いた丸やスクエアの型に花を挿して完成させていく足し算の発想。生け花は、素材(花)そのものの良さを引き立たせるために、余計なものを取り除く。引き算で作り上げます。

花を自分のイメージ通りにコントロールするのではなく、花の特徴をとらえその花がより美しく見えるよう手助けをする。それが生け花の根本の考え方です。

素材の特徴を見定める力とその見せ方を、生け花で培ってもらえればと思います。

 

花を選ぶことを通じて、感性を育てる

自由に花を活けることは、子どもたちにとって、とても自然なことです。

大人になるとつい、持ち帰りしやすい丈か、自宅に合う色味か、などと周辺のことを考えてしまいがちですが、子どもたちは今の自分の気持ちのまま、思いのままに花を選びます。

男の子が可憐なピンク色の花を選ぶこともあるでしょう。それを男の子だからこっちにしなさいと促すことはしたくありません。彼が思ったとおりに活けて欲しい。周りの大人は私も含め、見守る役目に徹っするべきと考えます。

shoko_interview2

 

 

「人生を教える」ことができる先生を求めた両親

私自身は子どもの頃、ピアノ、バレエ、リトミックなどを習っていました。両親は「習い事は技術だけでなく人生を教わる」と考え、両親と先生が面談した結果をもとに教室を決めていました。教室選びに時間はかかりましたが、そのおかげで私にとっても尊敬できる先生方に巡り合うことができました。

特にリトミックの先生からは多くのことを学びました。できなかったことを憂うのではなく、できたことを伸ばすことを大切にし「10あるうち1や2しかできなくても、その1や2がその子の宝物だから、それを伸ばしてあげよう」という考えで子どもに接してくれました。「この色は?」と先生にナス柄を散りばめた服を指して聞かれ、皆が青と答える中、私一人だけ緑と答え周りの子どもに間違いだと笑われたことがありました。それを見て先生は「それは間違いじゃない、よく見るとナスのヘタに緑を使っているよ」と認めてくれたんです。それがとてもうれしかったことを憶えています。

 

肯定することの素晴らしさを伝えたい

私が子どもたちに学んで欲しいことは「肯定力を身につける力」です。

子どもたちの感性を肯定する場でありたい。また、子どもたちにも、他の子どもたちが感性で作り上げたものを認めてあげられる、そんな力をつけてあげたいと考えています。

shoko_interview3

日本人が本来持っている和の力は、異なる感性を認め、統合する力であると思います。料理などがそうであるように、異なる思想・文化の相手を受け入れる、丸飲みできる力があると考えます。

日本古来の芸事である生け花にも、その考え方が根付いています。花を活けることを通じて相手を肯定すること、相手を肯定してあげられる力を学んで欲しいと思います。

 

 

<取材・文/齋藤純子>

■お話しを聞いて……

ホテルオークラ東京のアレンジメントを担当している奥平さん。自然の佇まいを大切にした作品の数々は、日本の美そのものを表しているようであり、多くの来賓をお迎えする場に相応しいと感じました。

 

先生の体験クラスはこちらから

 

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    2020年 21世紀型スキル 3 3歳 AERA with Kids AI AppKids CodeMonkey DIY IchigoJam JAXA Knocknote KOOV littlebits MBA MESH Minecraft STEM教育 YouTuber アート アイススケート アウトドア アクティブ・ラーニング アサヒビール アナウンサー アフタースクール アプリ アプリ教室 アンケート イベント インタビュー オーケストラ おこづかい オセロ オリンピアン オリンピック オンライン オンライン講座 お年玉 お絵描き お絵描き・工作 お菓子作り かけっこ カメラ キャンプ キャンペーン クッキング クリスマス グローバル コーチ コラム ゴルフ コンクール コンサート コンテスト コンピュータ サイエンス サイエンスショー サッカー シーガイア スイミング スキー スクール スクールレポート スクラッチ スケート スノーボード スピーチ スポーツ スポーツ教室 セミナー そろばん タグラグビー ダンス データ テーブルマナー デザイン テニス トレッキング ニュース ノビルコ ノビルコ主催 はじめて バスケットボール パティシエ バトミントン パラリンピアン パルクール バレエ ピアノ ファッションデザイン ファミリー フットサル ブラジル プレゼンテーション プレミアムフライデー プログラミング ボウリング ホッケー ボルダリング マインクラフト マナー マラソン ミュージカル ミュージカル教育 メルセデス・ベンツ メンテナンス モデル ものづくり ユーチューバー ヨガ ラグビー ラクロス ららぽーと新三郷 ららぽーと豊洲 ランキング ランニング ルービックキューブ レゴ レッスン レビュー レポート ロボット ワークショップ 不具合 主催 二子玉川 五輪 五郎丸 京都 仙台 伝統芸能 体操 体験 作文 保護者 保護者向け 入園式 入学式 写真 冬休み 初めての習い事 創造力 北海道 千葉 卒園式 卓球 名古屋 和歌山 品川区 土屋鞄製造所 基礎知識 声優 夏休み 大会 大分 大阪 子どもの将来 子どもの習い事ランキング 子ども向け番組 子育て 学童 学童保育 学習 学習玩具 宇宙 実験 実験教室 宮崎 家族 宿題 将棋 小5 小6 小学校 小学校受験 小学生 小金井公園 工作 工場見学 年賀状 年長 幼児 幼稚園 広島 応募 恐竜 手芸 打楽器 撮影のコツ 撮影会 文部科学省 料理 新機能 新江ノ島水族館 新聞 旅行 日本舞踊 日産スタジアム 星空観望 映像制作 映画 春休み 書籍 書道 木工教室 未就学 未就学児 東京 横浜 横浜みなとみらいホール 水族館 水泳 沖縄 海外 渋谷区 無料 無料体験 片づけ 留学 番組 百人一首 知育玩具 研究 神奈川 神奈川県 神奈川県川崎市 神戸 秋田県 科学 科学教室 算数 紀伊国屋書店 絵画 習い事 習字 職業 職業体験 育児 育児休暇 自分時間 自然体験 自由研究 英語 英語・英会話 茶道 葛飾区 裁縫 親子 読書 読書感想文 調査 調査結果 講演会 講習会 費用 資格 資格取得 農業 造形 運動 道徳 野球 開校情報 陶芸 障害 電子工作 電子書籍 音楽 食育 駒沢オリンピック公園 鴨川シーワールド