ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

習い事ナビ 2018.03.18

【調査結果】習い事にかかる平均費用は年間約15万5,000円!「水泳」がトップに!

投稿者: ノビルコ編集部

初めての習い事 調査

アクサダイレクト生命保険株式会社が、「子ども(0~9歳)のおけいこ事に関する調査」を実施、その結果を発表した。この調査は2013年から継続して行われており、今回で5回目となる。0~9歳の子ども持つ母親の半数以上が、何かしらの習い事をさせており、第1回の調査からの推移をみると上昇傾向にある。

more

習い事ナビ 2016.04.7

【コーチインタビュー#8】プリンセスになりたい!そんなお子様にピッタリ!親子で楽しく学べるマナーレッスン(佐藤夕 コーチ)

投稿者: ノビルコ編集部

インタビュー コーチ コラム マナー 初めての習い事

IMG_9751 のコピー「私、プリンセスになりたい。」幼稚園から小学生ぐらいのお子様をお持ちのママやパパだったら一度は娘さんからそんなフレーズ聞いたことありませんか? 今回はそんなお子様をお持ちの方にはピッタリなレッスンを展開するコーチのご紹介です。
子どものためのマナーレッスンを開講する佐藤夕(さとうゆう)コーチ。お箸の持ち方からプロトコールマナーまで、親子でテーブルを囲みながら学びます。お子様憧れのティーパーティをしながら、マナーもちゃんと身につけよう。そんなレッスンです。

 

子どもの頃身につけたマナーが自信になる

マナーというとどうしても堅苦しいイメージがあります。でも、その場を皆で楽しむための基礎的なルールだと思えばとっつきやすいかと思います。これは秘書をしていた時に実際に経験、感じて得たことです。相手と一緒に楽しい時間を過ごすために、マナーというルールを利用する。自分らしさを抑えるものではなく、お互いに受け入れあうための技術だと捉えていただければと思います。

正しいお箸の持ち方や会食のルールは、学んだあと生活の中で身についていくもの。幼い頃に学べば、より長く実践を積むことができます。また、所作を褒められることはお子様にとってもうれしいもの。褒められたことが自信になって、多くの大人と接する会食のような場を臆せず楽しめるようになります。

treasurebox

 

子どもが飽きずに楽しみながらできるレッスンを

レッスンは、お子様が楽しんで取り組めることを何より大切にしています。例えば奥田式のお箸のレッスンは、通常の大人向けレッスンでは豆を使うところを、キャラクターの絵柄のグミやショートパスタを使います。気分や体調でどうしても集中力が続かないときは、無理強いはしません。お母様とお話しをしながらお母様の所作についてアドバイスしたりします。

satoyucoach_chopstick
お子様のためのレッスンではあるものの、親と子一緒に学びます。マナーをご自宅で実践するときに手本となるのは、親御さん自身。お母様やお父様を見て真似ることでマナーが定着し、習慣になります。レッスンで褒めあいつつ学んだことを、お互いに思い出しながら、ふだんの生活に取り入れていただければと思います。

 

おもてなしをする母の背中を見て

実は、私、子どもの頃は、お家でおままごとをするより、外遊びが大好きな「おてんば」な部類に入る子でした(笑)。そんな私ですが、母がよく、お友達を家に招いて手作りのお菓子や紅茶でおもてなししている姿も記憶にしっかりと残っています。その姿から、もてなすことの楽しさを感じ、自然と学んでいったのだと思います。

また、子どもは場違いなんじゃないかなと思うようなレストランのディナーによく連れられていました。どのフォークを使えばいいかわからず、緊張したことを憶えています。ただ、子どもながらにその雰囲気に馴染もうと、背筋を伸ばし、きっちりしようと一生懸命、見よう見まねで対応していましたね。あの時からしっかりマナーを習得していたら、もっと料理も会話も楽しめただろうなと。その思いが、子ども向けのレッスンをはじめるきっかけの一つでもあります。

私自身もそうですが、楽しみながらじゃないと、なかなか続けられません。強制ではなく、身近な大人の背中を見ながら、身に付けてもらえればと思います。

satocoach_oyako
 
 

<取材・文/齋藤純子>

 
■お話しを聞いて……
子どもがいると、ついマナーが多少悪くても大目に見てもらえるようなレストランを選びがち。でも、いつもと違う雰囲気の中でしっかりマナーを体験させてあげることも重要ですね。パパに良いお店にディナーに連れてってもらうための、いい交渉材料を頂きました!

 
 

習い事ナビ 2015.08.13

【コーチインタビュー#3】自由度が高くて選択肢が多い。だからサッカーでたくさんのことを学べる。(伊藤正基コーチ)

投稿者: 齋藤純子

インタビュー コーチ サッカー 初めての習い事

ito-san_1200
会社員をしながら、週末やアフターファイブに子どもたちにサッカーを教えている伊藤正基(いとうまさもと)さん。サッカーのスポーツとしての魅力、サッカーを通じて学べることについて伺いました。

 

サッカーは「考える力」が問われるスポーツ

サッカーは、球技の中で特に自由度の高いスポーツと言われています。テニスのように敵味方でコートが分かれていないのでどこでも走ることができますし、バレーボールのように3回で相手に返すというルールが無いので、何度でもボールに触れることができます。

自由度の高さは、プレーの選択肢の多さに繋がります。パスをするのか、ドリブルか、それともシュートがいいのか。ボールに触れていないときでも、コートのどこにいてどう動くかなど、様々な選択ができる。大まかなことは戦術や監督の指示があったとしても、その場で選択するのは個人、いまどんなプレーが大切か見極め考える力が必要とされるんですね。そこがサッカーの難しさでもあり、面白いところでもあると思います。

 

伝え過ぎず、自ら考えることを促すように

小学生を対象としたクラブチームで今年3月まで13年間コーチをしていました。特に注意していたのが「伝え過ぎないこと」です。

例えばボールをとられたとき、なぜとられてしまったのか、まず当事者の選手に聞く。ディフェンスが良くなかった、と答えが返ってきたら、なぜ良くないと思ったのか原因を尋ね、考えてもらいます。とられた理由をこちらから先に説明してしまうと、その原因について考えるタイミングを奪ってしまう。子どもたちに考える習慣をつけてもらうために、伝えすぎないことを意識しました。

lesson3_640

考えることが習慣になると、自分の中での選択肢が増え、また、それを選ぶ力も鍛えられます。プレーでの能力の向上はもちろんのこと、効率の良いトレーニングや練習にも繋がります。

 

考えることは、チームプレーや礼儀にもつながる

サッカーはチーム競技なので、チームメイトや相手と関わるためのコミュニケーション能力も必要です。この能力も、考えることを通じ、自然と伸ばすことができる力だと思います。

例えば、10対0の得点差の試合でも、全力でプレーするということ。相手選手、審判員、大会運営の方々、応援に来ている家族や友だちのことを考えたら、手を抜いたり投げ出したりすることはできないですよね。挨拶などの礼儀の大切さも、相手やチームメイトと気持ち良くプレーするためにはどうすればいいか、考えることで自然とわかることだと思います。

 

選手の持つ能力を引き出すために

年中以上の未就学時からレッスンは受付けています。できれば運動能力全体の向上のためにも、小学校低学年時にはスタートしたいですね。小学校低学年からU-12 までの「プレ・ゴールデンエイジ」「ゴールデンエイジ」と呼ばれる時期は、運動能力を高めることに最も適していると言われています。日本サッカー協会も、その時期のトレーニングが大切と位置づけています。

個人でレッスンするときは、マンツーマンもしくは学年が近い子ども3人くらいまでの少人数のスタイルです。ボールを蹴ることができる公園などで教えることが多いですね。

lesson5
ちょっとしたコツをつかむことで、子どもの能力は飛躍的にアップします。足が遅くても、身体の使い方を知れば速くなりますし、ドリブルやパスも同じです。能力を引き出すためのコツを伝えつつ、自分で考えるためのサポートをする。それがコーチの役目だと思います。

 

チームプレーを通じて、社会性が身につく

サッカーにはポジションがあり、ポジションによって求められる能力も少しずつ異なります。選手に希望するポジションがあれば練習でやらせることもありますが、試合では選手たちの特性を見てコーチ側が決めることがほとんどだと思います。

好きなポジションでなかったとしても、試合に出たら活躍できたので、それをきっかけにそのポジションが好きになることもあります。また、好きではないから投げやりになってしまう、好きではないけれどチームのためにはそうした方がいいと納得する、好きなポジションで試合に出られるように練習で努力するなど、子どもにとって捉え方・乗り越え方は様々です。

学校などの社会の場でも同じようなことはよくあることだと思います。自分の望む係や席にならなかった場合、それをどう捉え乗り越えるか。サッカーとの関わりの中で、社会性についても学びます。

どのプレーを選択するか決めるのは選手個人と最初にお話ししましたが、どれが正解なのかは誰もわかりません。ゴールに繋がればそれが結果的に正解になる。試合の中で一度として同じシーンが訪れないように、正解はそのときだけのもの。チャンスに備えて考えて行動するという心構えも、サッカーを通じて知ってもらえるとうれしいですね。

 
 

<取材・文/齋藤純子>

■お話しを聞いて……
子どもたちのことを話すとき、子どもではなく「選手」という言葉を使ってらっしゃったことが印象的でした。子どもと大人ではなく一人の選手とコーチとして接っするというプロ意識が伺えました。

 
 

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    2020年 21世紀型スキル 3 3歳 AERA with Kids AI AppKids IchigoJam JAXA Knocknote KOOV MBA MESH Minecraft STEM教育 YouTuber アート アイススケート アウトドア アクティブ・ラーニング アサヒビール アナウンサー アフタースクール アプリ アプリ教室 アンケート イベント インターナショナルスクール インタビュー オーケストラ おこづかい オセロ オリンピアン オリンピック オンライン オンライン講座 お年玉 お絵描き お絵描き・工作 お菓子作り お金 かけっこ カメラ キャンプ キャンペーン クッキング クリスマス グローバル コーチ コラム ゴルフ コンクール コンサート コンテスト コンピュータ サイエンス サイエンスショー サッカー シーガイア スイミング スキー スクール スクールレポート スクラッチ スケート スノーボード スピーチ スポーツ スポーツ教室 セミナー そろばん タグラグビー ダンス データ テーブルマナー デザイン テニス トレッキング ニュース ノビルコ はじめて バスケットボール パソコン パティシエ バトミントン パラリンピアン パルクール バレエ ハワイ ピアノ ファッションデザイン ファミリー フットサル ブラジル プレゼンテーション プレミアムフライデー プログラミング ボウリング ホッケー ボルダリング マインクラフト マナー マラソン ミュージカル メンテナンス モデル ものづくり ユーチューバー ヨガ ラグビー ラクロス ららぽーと新三郷 ららぽーと豊洲 ランキング ランニング ルービックキューブ レゴ レッスン レビュー レポート ロボット ワークショップ 不具合 主催 乗馬 九州 五輪 五郎丸 京都 仙台 伝統芸能 体操 体験 作文 保護者 保護者向け 入園式 入学式 兵庫 兵庫県 写真 冬休み 初めての習い事 化学 北海道 千葉 卒園式 卓球 名古屋 和歌山 品川区 基礎知識 声優 夏休み 大会 大分 大阪 子どもの将来 子どもの習い事ランキング 子ども向け番組 子育て 学童 学童保育 学習 学習玩具 宇宙 実験 実験教室 宮崎 家族 宿題 将棋 小5 小6 小学校 小学校受験 小学生 小金井公園 工作 工場見学 年賀状 年長 幼児 幼稚園 広島 弦楽器 恐竜 手芸 打楽器 撮影のコツ 撮影会 料理 新機能 新江ノ島水族館 新聞 旅行 日本舞踊 日産スタジアム 星空観望 映像制作 映画 春休み 書籍 書道 木工教室 未就学 未就学児 東京 横浜 横浜みなとみらいホール 水族館 水泳 沖縄 海外 渋谷区 演劇 無料 無料体験 片づけ 留学 番組 百人一首 知育 知育玩具 研究 神奈川 神奈川県 神奈川県川崎市 神戸 秋田 秋田県 科学 科学教室 算数 絵画 習い事 習字 職業 職業体験 育児 育児休暇 自分時間 自然体験 自由研究 英語 英語・英会話 茶道 葛飾区 裁縫 親子 読書 読書感想文 調査 調査結果 講演会 講習会 費用 資格 資格取得 農業 造形 運動 道徳 野球 開校情報 陶芸 障害 電子工作 電子書籍 音楽 食育 駒沢オリンピック公園 鴨川シーワールド