ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

新スクール 2019.02.5

SDGs発想のプログラミングコースが豊洲に開講

投稿者: ノビルコ編集部

STEM教育 ニュース プログラミング

ベネッセグループの株式会社東京個別指導学院(本社:東京都新宿区)は、2019年2月17日(日)より「ベネッセサイエンス教室 STEMプログラミングコース」第1号教室を東京・豊洲に開講する。

 


 

 

小学校でプログラミング教育が必修化される2020年が目前となり、ベネッセサイエンス教室では、子どもたちがプログラミングを学ぶ意味とは何か、予測不能な未来を子どもたちがしなやかに生きるために必要な経験とは何かを考え、これまでの単発のプログラミング講座から1年間の「STEMプログラミングコース」へと発展させる。

 「STEMプログラミングコース」は、総合的な理系教育である「STEM教育」の柔軟さに、二つの“S”の要素を加えて開発したオリジナル。STEMはScience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)。そこに加えた二つの“S”は、 Society(社会)、Sustainability(持続可能性)。

 

 

このコースは、プログラミングで「もの創りの楽しさ」を知るだけではなく、プログラミングで身近な社会問題を解決することにチャレンジする、いわば「SDGs発想のプログラミング」。SDGsとは、国連が採択した持続可能な開発のための2030年までの目標のこと。この地球で起きている問題を、主体的に協働して解決しようという動きだ。

 

STEMプログラミングコースについて

学ぶ3つの力

◆社会課題と新しいテクノロジーを結びつけて考える 「課題解決力」
◆友だちと協力しながら主体的・対話的に学ぶ 「協働する力」
◆「論理的な考え方」をプログラミングで学ぶ 「プログラミング的思考力」

 

「STEMプログラミングコース」の一つの授業では、ロボットを「災害救助ロボット」と見立てて現場に派遣するためのプログラムを考えます。また、大勢の人が暮らす町ではどんな災害がどんなところで起こりそうか、災害を未然に防ぐためにはどんなことをしたらいいか、子どもたちは考え、意見を発表し合います。たとえば、浜辺には津波の危険がある。川には転落の危険がある。住宅密集地には火事の危険がある。それらをテクノロジーを利用して防ぐアイディアがさまざまに生まれます。社会の営みとテクノロジーを結びつけて考える体験は、予測不能な未来を「持続可能な社会」へつなげるチャレンジになるのです。ひらめきが世の中とつながり、世界の未来を切り拓く。1年間のプログラムだからこそできる学びの体験です。

 

 
「プログラミングスキルのある人」を養成するのではなく、「プログラミングで得た思考力を使いこなし、未来を切り拓く人」を育む講座。学習内容はすべてベネッセサイエンス教室のオリジナル。1クラス定員8名に、メイン講師とアシスタント講師を配置。タブレットや教具は教室にあるので、手ぶらで来て手ぶらで帰れます。教室の場所は、便利な豊洲駅すぐそば(東京メトロ有楽町線徒歩1分/新交通ゆりかもめ徒歩2分)。

 

ベネッセサイエンス教室 STEMプログラミングコース

<開校日>2019年2月17日(日)
<場所>ベネッセサイエンス教室 豊洲教室
<授業回数>月1回
<時間>1回90分
<クラス編成> STEM初級(小学校1・2年生対象)、STEM中級(小学校3・4年生対象)
<住所>〒135-0061 東京都江東区豊洲4-1-23 ティ・ビィ豊洲ビル 4階 ※「東京個別指導学院」内に併設

 
 

ノビルコで関連する習い事を探す

 

 

 
 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント プログラミング 夏休み 小学生 親子 体験 自由研究 ロボット 英語・英会話 職業体験 お絵描き・工作 料理 ワークショップ 無料 書籍 調査結果 サッカー インタビュー コラム コンテスト スポーツ 自然体験 科学 工作 ものづくり コンクール 実験 音楽 学習