ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

大会情報 2019.09.28

FIFA公認“小学生年代のワールドカップ”「ダノンネーションズカップ2020 in JAPAN」開催!エントリー受付10/10〆切

投稿者: ノビルコ編集部

サッカー ニュース

ダノンネーションズカップ実行委員会は、12歳以下の世界一を決めるFIFA公認の国際サッカー大会「ダノンネーションズカップ」の日本大会、「ダノンネーションズカップ2020 in  JAPAN」の開催に際し、大会公式ホームページにて、予選大会への参加希望チームを募集しており、締め切りは2019年10月10日(木)まで。

 


 

 

「ダノンネーションズカップ2020 in  JAPAN」について

「ダノンネーションズカップ2020 in  JAPAN」では、昨年2019年大会に続き、関東、関西、九州、東北の4つのエリア・会場にて地方予選を開催する。中でも東北エリアでは、これまでサッカー日本代表のキャンプ地として使用され、東日本大震災復興のシンボルとしても有名な「JFAナショナルトレーニングセンター Jヴィレッジ」(福島県双葉郡)での開催が決定している。4会場にて地方予選を実施し、それぞれ予選を勝ち抜いた上位4チームに加え、昨年の国内大会でベスト8進出を果たした8チーム(女子はベスト4)、および予選大会に参加できなかった8チームを抽選で選出、合計32チームによって日本代表の座をかけた本大会が繰り広げられる。

なお、昨年より女子大会の地方予選もスタート(※1)し、小学生年代の女子選手にとっては、世界の舞台で戦う希少な機会を手に入れることができる唯一の国際大会だ。さらに今大会からは、女子大会のみ国内大会初となる、複数のチームから構成される「女子合同チーム」でのエントリーを認定。(※2) より多くの選手が参加できる大会を目指した。「女子合同チーム」は、日本サッカー協会第4種加盟登録チームであることを条件に、主体となるチームの女子選手が8人に満たないチームを対象としてエントリーが可能となった。

国内大会を制した男女各1チームは、2020年10月に開催予定の世界大会において日本代表として出場できる権利を獲得する。

※1)女子トーナメントは、2018年大会では本大会のみの実施。地方予選は2019年大会が初めての実施となった。
※2)日本サッカー協会第4種に相加盟登録するチームで女子選手が8名未満で参加選手全員が他のチームで同大会に出場していないこと。詳しくは大会概要より「女子合同チームエントリーフロー」を参照ください。

 

「ダノンネーションズカップ」について

「ダノンネーションズカップ」は、“より多くの人々に食を通じて健康をお届けする”という企業理念を掲げる、世界的な食品企業であるダノン社が主催する国際サッカー大会。2000年にスタートした同大会は、現役時代フランス代表で10番を背負い、現在はレアル・マドリードで監督を務めるジネディーヌ・ジダン氏がグローバルアンバサダーを務め、世界27カ国が参加。世界各国で国内大会が開催され、それぞれの優勝チームが集結する世界大会において、世界一の座をかけて争われる。
日本は2001年に初めて参加(※3)、2012年にポーランドで開催された世界大会に出場したレジスタFC、また2016年のフランスで開催された世界大会に出場したヴァンフォーレ甲府U-12はともに準優勝を果たすと、2014年のブラジル大会では横河武蔵野フットボールクラブジュニアが日本代表として初優勝に輝くなど、世界の舞台で着実に日本の存在感を示している。

※3)日本は、2001~2003年に選抜チームを構成して参加。2004年以降、国内大会で優勝したチームが日本代表として世界大会に出場している。

 

「ダノンネーションズカップ 2020 in JAPAN」開催概要

 

■詳細は こちら

 

 

ノビルコで関連する習い事を探す

 

 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント プログラミング 小学生 親子 夏休み 体験 自由研究 お絵描き・工作 夏休み2019 料理 ロボット 職業体験 英語・英会話 書籍 無料 ワークショップ 調査結果 サッカー 科学 インタビュー 自然体験 コンテスト スポーツ ものづくり コラム 実験 工作 音楽 コンクール