ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

インタビュー 2018.04.26

2017年人気ランキング1位! 子ども向けスポーツ教室「忍者ナイン」が急成長している理由

投稿者: ノビルコ スタッフ

インタビュー スクール ニュース

 

「忍者になるための教室なんですか?」

「手裏剣や刀の使い方を教えてくれるの?」

オープン直後はそんな問い合わせもあったとか。いまや全国区で展開中の「忍者ナイン」は、幼児・小学生向けのスポーツ教室。ノビルコ人気スクールBESTof2017 ランキングでは「総合1位」「体操部門1位」をW獲得した注目のスクールだ。

ユニークな名前に込められた意味、そして他のスポーツ教室との違いは? 「忍者ナイン」月島ラボの講師・平沼健さんに話を聞きながら、実際のレッスン風景を見学した。

 

運動神経を決めるのは、9つの基本動作

「走る、跳ぶ、投げる、打つ、捕る、蹴る、組む、バランス、そしてリズム。すべてのスポーツの根幹には、これら9つの基本動作が共通しています。この9項目は、いわば運動神経の土台。幼少期から鍛えておけば、将来どんなスポーツをする場合にも役立ちます」(平沼さん 以下同)

「忍者ナイン」のベースにあるのは、最新のスポーツ科学。筋力・体力の養成だけでなく、幼少期に必要な神経系統の発達に効果的なプログラムを用意している。監修を手がけるのは、東京大学院・深代千之教授。日本のスポーツバイオメカニクス研究の第一人者だ。

「たとえば、ボールを投げるときは正しく投げるための秘訣がある。力を入れる場所はここ、重心を安定させるならこういう姿勢を取る、といった動作解析によるコツを習得すれば、誰でも正しいフォームで投げられるようになります」

 

 

親の自分がスポーツが苦手だったから、わが子も苦手に違いない。そんな思い込みは間違いだ、とはっきり言い切る。

運動能力は遺伝的要因ではなく、習慣によって育まれることがスポーツ科学の世界ではすでに明らかになっています。だから基本的に誰でもできるようになるんですよ。『忍者ナイン』では、遊びを通してそのためのコツを最短距離で身につけられるようになっています」

 

「忍者」×「ナイン」の由来は?

ユニークなネーミングにも、きちんと意味がある。

「忍者って子どもにとって、すごく身近な存在ですよね。変身などをせずに、自らの身体能力を高めて活躍する。ナインはさっき述べた9つの基本動作を磨くということ。それから、最大9人のチームを作って行う独自のプログラム、”忍者バトル”の9もかけています

 

 

では具体的にどんな授業を行っているのだろう? 

後編では、中忍コース(幼児~小学1・2年対象)の90分のレッスン風景を見学した様子をお届けします。どうぞお楽しみに!

 

<取材・文/阿部花恵>

 

※記事はインタビューイーの発言に基づいて記載しております。詳しい内容につきましてはスクールにお問い合わせください。

 

ノビルコで関連する習い事を探す

 

 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント プログラミング 夏休み 親子 小学生 体験 自由研究 ロボット 職業体験 英語・英会話 料理 お絵描き・工作 ワークショップ 無料 書籍 調査結果 サッカー インタビュー コラム スポーツ コンテスト 自然体験 科学 工作 ものづくり コンクール 実験 音楽 学習