ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

習い事ナビ 2017.06.27

第5回「心に残る給食の思い出」作文コンクール作品募集!対象は小学4年生以上!

投稿者: ノビルコ編集部

コンクール ニュース 作文

公益社団法人 日本給食サービス協会では、小学校4年生~6年生の子ども達を対象とした第5回「心に残る給食の思い出」作文コンクールを実施するにあたり、全国の小学生を対象として、広く作文を募集する。

 

 

毎日の給食を通して気づき、学んだ、食と食事習慣の大切さ、作り手や生産者への感謝の気持ち、農林水産業の重要性や日本の風土・文化等について自分の言葉で作文にまとめてもらい、次代を担う子ども達の健全な成長に寄与するコンクールとなっている。

全国の教育委員会・小学校の協力のもと、応募作文は全国5支部で第1次審査にかけられ、各支部からの推薦作品について本部において最終審査が行われるという。

第4回である昨年は、全国から2,332作品の応募があり、文部科学大臣賞、農林水産大臣賞、農林水産省食料産業局長賞等12作品について表彰が行われた。
なお、今年も文部科学省、農林水産省、全国都道府県教育委員会連合会、全国市町村教育委員会連合会、全国連合小学校長会及び(公社)全国学校栄養士協議会が後援している。

 

作文コンクールの概要

<目的>
生きていく上での基本を学ぶ小学生時代において、「生きた教材」として提供される学校給食について、児童が改めて考える機会を持つことにより、食と食事習慣の大切さ、作り手や生産者への感謝の気持ち、農林水産業の重要性や日本の風土・文化に気づき、また様々な人々との食事を通じた交流を図ることにより、豊かな人間性を築く機会とすると共に、応募された作文を踏まえ学校給食内容の維持・向上に資するものとする。

<応募資格>
小学校4年生~6年生
特別支援学校の小学部4年生~6年生

<応募作品>
400字詰め原稿用紙(B4・二つ折り)3枚以内

<募集期間>
平成29年7月1日(土)~平成28年9月16日(土)

 

■主催:
公益社団法人 日本給食サービス協会

■後援:
文部科学省、農林水産省、全国都道府県教育委員会連合会、全国市町村教育委員会連合会、全国連合小学校長会、(公社)全国学校栄養士協議会

■審査公表:
協会内に作文コンクール審査委員会を設置し、審査する。
平成29年11月公表。

■審査員:
審査委員長 長島美保子氏(公益社団法人全国学校栄養士協議会会長)
審査員   馬場 錬成氏(NPO法人21世紀構想研究会理事長)
審査員   羽崎 泰男氏(シダックス子育て応援隊こどもの城倶楽部校長)
審査員   藤沢  周氏(作家、法政大学教授)
審査員   齊藤 るみ氏(文部科学省初等中等教育局学校給食調査官)
審査員   高橋 一郎氏(農林水産省食料産業局外食産業室長)

■賞・表彰:
賞状及び副賞を授与する
文部科学大臣賞 1点
農林水産大臣賞 1点、
農林水産省食料産業局長賞 2点
公益社団法人全国学校栄養士協議会会長賞 1点
公益社団法人日本給食サービス協会会長賞 5点
学校奨励賞 10点

 

 

■募集案内等、詳細はこちら:第5回「心に残る給食の思い出」作文コンクールの実施について
http://www.jcfs.or.jp/news/170413.html

■(公社)日本給食サービス協会 URL
http://www.jcfs.or.jp/

 

 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント プログラミング 小学生 親子 夏休み 体験 自由研究 お絵描き・工作 英語・英会話 料理 ロボット 書籍 夏休み2019 職業体験 無料 ワークショップ 調査結果 自宅学習2020 サッカー 科学 インタビュー 自然体験 コンテスト スポーツ ものづくり コラム 運動 工作 実験