ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

オンライン学習 2020.11.30

研究者と哺乳類、恐竜、魚の不思議を学ぼう!小学生向け「オンライン科学講座」の見逃し配信中!

投稿者: ノビルコスタッフ

STEM教育 ニュース 実験 小学生 科学 自由研究 親子

 独立行政法人 国立科学博物館(館長:林良博)は、2020年8月に朝日新聞社と共催し好評を博した「オンライン科学講座」の、ライブ配信授業(全3回)を編集・再構成した、見逃し配信を2021年1月10日まで有料公開している。
 



 授業で使用するワークシートや、先生からの推薦図書リスト、関連する新聞記事などの資料を動画視聴ページからダウンロードいただける。対象は小学生だが、中高生や大人でも十分楽しんでいただける内容だ。配信は2020年1月10日までの限定配信。
 

「同じ哺乳類のイルカとヒト ―同じところ!違うところ?―」

 同じ哺乳類のイルカとヒトは、どこが違ってどこが同じ? 普段はなかなか見られない骨格標本を使って比較する。
・田島 木綿子(たじま・ゆうこ)先生 国立科学博物館 動物研究部 脊椎動物研究グループ 研究主幹。専門は海棲哺乳類学、比較解剖学、獣医病理学。海棲哺乳類の身体の形を観察し、彼らのどこが哺乳類の一般型で、どこが特殊化しているのかを探っている。
 
 

「恐竜研究入門」

 絶滅したと思われていた恐竜は、鳥類となって今も進化を続けている。食卓にあがったニワトリの骨一本から、恐竜の研究の方法を学ぼう。
・真鍋 真(まなべ・まこと)先生 国立科学博物館 標本資料センター コレクションディレクター。恐竜など中生代の爬虫類、鳥類化石から、進化と絶滅を理解しようと、心の中で化石と対話する日々を送っている。
 

「学んで、調べてわかる、魚の体のしくみ」

魚類は、地球上の脊椎動物の種のうち約半数を占めている。同じ脊椎動物であるヒトと同じところ、違うところを学んでから、かはく「液浸標本室」のツアーに出かける。
・中江 雅典(なかえ・まさのり)先生 国立科学博物館 動物研究部 脊椎動物研究グループ 研究主幹。成蹊学園サステナビリティ教育研究センター客員フェロー 。なぜこのように多様な形の魚類が存在するのか、その要因を明らかにしようとしている。
 

概要

<動画内容>
2020年8月9日・15日・16日に国立科学博物館各施設からライブ配信した授業の編集・再構成動画
     ※各回約75分
     ※紹介した生き物の種名や難解な単語などを字幕で補足しています
     ※ライブ配信時より画質・音質の改善処理をしています(一部除く)

<参 加 費 >
各回1,500円(税込)
<配信期限>
各回2021年1月10日まで
<お問い合わせ先>
朝日新聞社 企画事業本部 オンライン科学講座事務局( j-event@asahi.com )

詳細・申し込みは、こちら下記ホームページをご覧ください。

<主催>
朝日新聞社 共催:国立科学博物館)

 

■お申し込みは こちら

 

 
 

ノビルコで関連する習い事を探す

 

 

 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント 小学生 プログラミング 親子 夏休み 体験 自由研究 英語・英会話 お絵描き・工作 料理 ロボット 書籍 夏休み2019 職業体験 無料 ワークショップ 調査結果 自宅学習2020 サッカー 科学 インタビュー 自然体験 コンテスト スポーツ ものづくり コラム 運動 実験 学習