ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

書籍 2020.01.6

子ども用「タイピング練習帳」PDFプレゼント!『マンガでなるほど!親子で学ぶ プログラミング教育』予約キャンペーン

投稿者: ノビルコ編集部

ニュース プログラミング 書籍

2020年2月6日(木)、書籍『マンガでなるほど! 親子で学ぶ プログラミング教育』がインプレスにより発売される。それに先駆け、オンライン書店にて予約および注文いただいた方を対象に、キーボードを使った文字入力スキルを身につける「タイピング練習帳」のプレゼントキャンペーンを実施する。

 


 

 

全国の小学校で来春からスタートする「プログラミング教育」をマンガで解説

9年ぶりの学習指導要領の改訂により、2020年4月から全国の小学校で「プログラミング教育」が一斉にスタート。2019年12月の閣議決定で2023年までに全小中学生にパソコンなどの端末が配置されることが決まり、小中学校のICT環境整備が来春から一気に進んでいくことが予想される。本書では、インスタグラムで人気の育児マンガ家 マルサイ家を舞台に、「プログラミング教育ってなんだろう?」の疑問に、プログラミング教育の最前線で活躍する「ナナコ先生」がやさしく解説していく。義務教育で必修化された目的やプログラミング的思考力の真意、プログラミングワークショップルポなど、小学校で実際の授業がスタートする前にマンガで疑似体験できる、IT知識ゼロでもわかるおもしろストーリーだ。プログラミングで広がる子どもたちの未来に、お母さんお父さんもワクワクする一冊となっている。

 

ページイメージ

 

タッチタイピングも夢じゃない! 「タイピング練習帳」PDFをプレゼント

本書の発売に先駆けて初回限定キャンペーンが実施。2020年3月31日(火)までにオンライン書店で本書を予約購入し、同日までにキャンペーンにお申し込みいただいた方にもれなく特典をプレゼント。特典は、子どもの文字入力スキルに役立つキーボードシート、ローマ字表、ショートカット集の3点がセットになった「タイピング練習帳」PDF版となっている。本キャンペーンは後述の特設ページから申し込みできる。

 

著者プロフィール

漫画/マルサイ

マンガ家。夫と男子3人の5人暮らし。日々の子育てや食卓の様子を紹介したインスタグラムが大好評。著書に『男子が3人います。』『がんばらなくてもデキてる風 めんどくさがり母さんの最強ずるメシ』(大和書房刊)などがある。

 

監修/石戸奈々子

NPO法人CANVAS理事長、株式会社デジタルえほん代表取締役、慶應義塾大学教授。政策・メディア博士。東京大学工学部卒業後、マサチューセッツ工科大学メディアラボ客員研究員を経て、NPO法人CANVAS、株式会社デジタルえほん、一般社団法人超教育協会等を設立、代表に就任。著書に『プログラミング教育ってなに? 親が知りたい45のギモン』(ジャムハウス)、『子どもの創造力スイッチ!』(フィルムアート社)、『デジタル教育宣言』(KADOKAWA)など。プログラミング教育関連の翻訳・監修書多数。

 

書誌情報

<書名>
マンガでなるほど! 親子で学ぶ プログラミング教育

<著者>
マルサイ 漫画・石戸奈々子 監修

<発売日>
2020年2月6日(木)

<ISBN>
978-4-295-00821-7

<ページ数>
128ページ(巻頭カラー、本文1色)

<サイズ>
A5判

<定価>
本体1,360円+税

<電子版価格>
1,360円+税(※)

 
キャンペーン特設ページ
キャンペーン対象期間:2020年3月31日(火)お申し込み分まで

 
■書誌情報:https://book.impress.co.jp/books/1119101015
※2月中旬発売予定
※インプレス直販価格

 
 

ノビルコで関連する習い事を探す

 
 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント プログラミング 小学生 親子 夏休み 体験 自由研究 お絵描き・工作 英語・英会話 夏休み2019 料理 ロボット 書籍 職業体験 無料 自宅学習2020 調査結果 ワークショップ サッカー 科学 インタビュー コンテスト 自然体験 スポーツ ものづくり コラム 運動 実験 音楽