ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

レポート 2018.10.4

元K1選手が子どもたちに直接指導。空手道場「ハレロイスタジオ」で学べる強さ以外の大切なこと

投稿者: ノビルコ スタッフ

インタビュー スクールレポート ニュース

 

東京・高円寺の「ハレロイスタジオ」には3つの軸がある。空手道場、フィットネス、そして脳開発トレーニングだ。代表の安廣一哉さんは元K1選手。全日本チャンピオンの経験も持つ、強さは折り紙付きの空手家だ。

そんな安廣さんがたちあげた空手道場の特色とは? 少年部(6~12歳)の空手レッスンを見学しながら話を聞いた。

 

K1選手を経て学校教師、そして道場設立へ

――「安廣道場」では安廣さんご自身が子どもたちに直接指導されているんですね。

もちろんです。僕は学校の教師をしていた時期もあって、現場で子どもたちに直接伝えることが大好きなんですね。ただ、保健体育の先生をしていた数年間で、子どもたちの基礎体力が落ちていることを実感して。ボールの投げ方がわからないという子も少なくなかった。

だからこそ、少年部のレッスンでは空手を通じて基礎体力をつけること、それから体の使い方を覚えてもらうことを大事にしています。

 



 

――いわゆる昔ながらの「空手道場」とはどこが違うのでしょうか。

幼年部(2~6歳)、少年部(6~12歳)では子どもたち一人ひとりの個性を大事にしています。幼年部のレッスンに関しては、必ず女性講師がサポートするのも特長です。その上で、まずは道場は楽しくて安心できる場所だということを知ってもらうところから始めていきます。楽しくのびのびと学んでいく中で、元気よく挨拶や返事ができるようになるのが目標です。

小学1~6年生が一緒に学ぶ少年部では、もう一歩進んで「礼」の大切さを早い段階から伝えていきます。空手を通じて心身を鍛えながら、上の子は下の子の面倒を見ることを、下の子は上の子にきちんと敬語で話せるようになるよう指導を行っています。

 

 

――小学1年生と6年生では体格差も中身も大きく違います。一緒の集団にする意味は?

学校に通っているあいだは同学年とのコミュニケーションがほとんどですが、社会に出ると性別・年齢の異なる相手とコミュニケーションをとる場面のほうが断然多いですよね。だからこそ小学生のうちから異年齢のグループに慣れておくことはとても重要だと思っています。

もちろん、2人1組でのスパークリングなどは体格が近い子同士で組ませますが、それ以外では上の子は下の子をケアすることを、下の子は上の子に敬意を払いつつ対等に接することを互いに学び合えるメリットがあります。

 

――レッスン中はもうひとりの先生が子どもたちの姿をスマホで撮影。希望する保護者には動画を送信することで、子どもたちがその日の自分の動きを復習できるのもいいですね。

 

「空手を習わせたい」親はむしろ少数派

――少年部のレッスンでは、生徒の皆さんとても元気いっぱいに声が出ていましたね。やはり空手を習いに来るような子はもとから積極的なのでしょうか?

そんなことはありませんよ。むしろ最初から声を出せる子はほとんどいません。保護者の方々も積極的に「空手をやらせたい」というよりは、「お友達とうまくコミュニケーションがとれないので、空手を通じて人との関わり方を学んでほしい」と考えて習いに来る方のほうが多いですね。

学校にうまく馴染めない子や、挨拶がなかなかできない子、お友達とのコミュニケーションが苦手な子。道場がそういう子たちにとって、自信を持てる場になってほしい。やっぱり自分に自信が持てるようになることは何より大事。

 

 

――強くなることよりも、自信を持ってもらうことが大事だと。

もちろん僕自身が単純に空手が好きなので、一人でも多くの子に空手を好きになってほしいという気持ちがまずあります。その上で、教師時代もたくさんの子どもたちを見てきましたが、自分に自信が持てるようになった子は、他のことにもチャレンジできるようになるんです。やりたいことが見えてくると、夢を持てるようにもなる。友達とも対等に遊べるようになる。

道場は人生の縮図。僕が今まで経験してきたことのすべてを子どもたちに伝えていけたら、と思っています。

 

女性講師の横谷りえコーチと

 

<取材・文/阿部花恵>

 

※記事はインタビューイーの発言に基づいて記載しております。詳しい内容につきましてはスクールにお問い合わせください。

 

後編では、空手と最先端の脳トレプログラムを取り入れたトレーニングについてお伺いしました!お楽しみに!

 

ノビルコで関連する習い事を探す

 

 
 

ハレロイスタジオ代表
空手家・格闘家
安廣 一哉(やすひろ かずや)
99’00’全日本空手道選手権大会軽量級優勝 01’全日本新空手道選手権大会中量級優勝 K‒1 WORLD MAX2005 世界3位 私立聖徳学園保健体育教師(2008年~2016年3月)教育実績約2000人 日本サッカー協会夢先生 ライフキネティック公認パーソナルトレーナー アンバサダー

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント プログラミング 夏休み 小学生 親子 体験 自由研究 職業体験 ワークショップ 無料 ロボット お絵描き・工作 英語・英会話 料理 書籍 調査結果 サッカー インタビュー コンテスト コラム 科学 自然体験 スポーツ 工作 コンクール ものづくり 実験 学習 音楽