ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

習い事ナビ 2017.09.27

ビクトリノックス・ジャパンと学研プラスが共同で取り組んだ“親子で学ぶ ナイフ・創造教育プログラム”が第11回キッズデザイン賞を受賞

投稿者: ノビルコ編集部

デザイン ニュース 工作

学研プラスは、ビクトリノックス・ジャパンと共同で、キッズデザイン協議会主催の「第11回キッズデザイン賞」を受賞した。

 

受賞作品は“親子で学ぶ ナイフ・教育創造プログラム

受賞作品は≪子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン≫部門に応募した、“親子で学ぶ ナイフ・教育創造プログラム”。ビクトリノックス・ジャパンの子供向けマルチツール、「ティンカー for KIDS」を用いて、親子で一緒にナイフの使い方を知り、箸づくりなどに挑戦することで、“ものづくり”の楽しさと、安全・安心に関する意識を育む取り組み。
各地で実施する工作ワークショップや学校での出張授業、ナイフの使い方を解説した教材やウェブサイト『キッズ・ハンド・クラブ』の製作・普及など、様々なコンテンツを提供。包括的に子どもとナイフの接点を演出するのが特徴のプログラムだ。
子どもに対する危険教育の実施、また、ものづくり経験が育む“生きる力”の養成をねらいとしているという。同時に、創作活動からはじまるコミュニケーションを親子で共有できることも評価されたとのこと。

 


↑ワークショップでは、ひのきばしや竹笛をマルチツールを用いて作る。子どもと親が一緒に作業することで、新たなコミュニケーションが生まれる。

 


↑ワークショップや学校での授業にて使用する、副教材「ナイフとともだちになろう!」も作成・配布。東京都中央区立京橋築地小学校では、この教材を用いて授業を行った。

 


↑プログラムにて使用したマルチツール、「ティンカー for KIDS」。ナイフの刃先が丸くなっており、子どもでも安全に使えるように設計されている。ナイフ以外にも、ドライバーなど全部で13の機能を有し、子どもたちの創作活動をサポートする。

 

キッズデザイン賞とは?

キッズデザイン賞とは、キッズデザイン協議会(特定非営利活動法人、内閣府認証NPO)が2006年より主催する、子どもへの配慮や思いやりを持った製品・空間・サービス・プログラム・調査研究活動などを表彰する制度。乳幼児用品や玩具など、子ども向けの商品はもちろん、大人・一般向けに開発されたものでも受賞の対象となる。

 

 

■キッズ・ハンド・クラブ URL
https://kids.gakken.co.jp/kidshandclub/

 

 

ノビルコで関連する習い事を探す

 

 

 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント プログラミング 小学生 親子 夏休み 体験 自由研究 お絵描き・工作 夏休み2019 料理 ロボット 職業体験 英語・英会話 書籍 無料 ワークショップ 調査結果 サッカー 科学 自然体験 インタビュー コンテスト スポーツ コラム ものづくり 実験 工作 コンクール 運動