ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

習い事ナビ 2016.10.31

いいピアノ教室を見極める、保護者がみるべき5つのポイント

投稿者: ノビルコ編集部

コラム ニュース ピアノ

5_reason_to_choose_piano_lesson

習い事のスクール選びって難しい?!ノビルコでは『だからピアノを習いなさい』著者である黒河好子先生に「いいピアノ教室を見極めるポイントをズバリ!聞いてみました。
 

“教室を選ぶときは、見学や体験レッスンに最低でも2回は行ってほしいですね。1回目はどの先生もいいところを見せますが、2回目、3回目に行ったときも同じ教え方をするのではなく、違うアプローチを見せてくれる先生のほうが望ましいと思います。

習い事全般に言えることですが、いい先生は理論を持っています。「どうしてこう弾かなきゃいけないんですか?」と聞いたときに、その理由をしっかりと説得力をもって答えられる先生でなければ、いい先生とは言えません。子どもとのコミュニケーションは大事ですが、そこだけがよくてもダメ。先生選びのポイントは次の5点を参考にしてください。”
 

5つのポイント

  • 子どもの成長に応じた指導ができる

  • ピアノを弾くとはどういうことかわかっている

  • わかりやすく説明してくれる

  • 子どもの曲ではない、レベルの高いピアノ曲も演奏できる

  • 現在もレッスンを受けるなど自らのピアノ上達のために学んでいる

※『だからピアノを習いなさい』第4章より

kurokawayoshiko_nobiruco3
“私は30年以上前から、4ヶ月間レッスンを受けてもらった上で、生徒さんにそこから継続するかどうかを決めてもらう制度をとっています。生徒さんにも選ぶ権利がありますし、人間同士だから相性も当然ある。もし私とは合わないということなら、他の先生をきちんとご紹介します。それが礼儀だと思っていますから。”

 
いかがでしょうか?実際にはピアノ教室だけではなく、他の習い事でも同じことが言えそうですね。

ノビルコではなるべくお子様の選択肢を増やしたいと思い、スクールを情報を日々収集しています!ぜひその中からお子様のピッタリのスクールやコーチを見つけてください!

<取材・文/阿部花恵>

 

■黒河好子先生インタビューはこちら

 

piano

『だからピアノを習いなさい』

〜子どもの生き方が変わる正しいピアノの始め方〜

黒河好子
ヤマハミュージックメディア 1,600円(税別)

暗譜で身につく記憶力、曲を音楽的に伝える表現力、1曲を通して弾くための集中力、そのほか創造性、忍耐力、応用力など、ピアノ教育にはこんなにも多くのメリットが!効果的な学習法、いい先生の見極めポイントなども詳細に解説。これからわが子にピアノを習わせたい親は必読。

ヤマハミュージックメディア 書籍ページ
Amazonで購入

 

 

ノビルコで関連する習い事を探す

 

 

黒河先生のピアノメソッドを実践している全国のピアノ教室はこちら

 

 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント プログラミング 夏休み 小学生 親子 体験 自由研究 職業体験 ワークショップ 無料 ロボット 英語・英会話 お絵描き・工作 料理 書籍 調査結果 サッカー インタビュー コンテスト コラム 自然体験 科学 スポーツ 工作 コンクール ものづくり 実験 学習 音楽