ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

習い事ナビ 2017.03.16

【biima sports(後編)】運動神経も遺伝しない!? パパも納得!最新スポーツ科学が子どもの能力をぐんぐん伸ばす、その理由とは?

投稿者: ノビルコ編集部

インタビュー スクール スポーツ教室 ニュース

 

「これからの時代に必要とされるのは、テストの点数が高い優等生ではありません。求められるのは、多様な人々とコミュニケーションをとりながら、チームでプロジェクトを進めることができるスキルを持つ人材です」

運動神経と非認知能力を伸ばす、これまでにない総合型キッズスポーツ教室。そんなまったく新しいコンセプトで「biima sports」をたちあげた代表・田村恵彦さんはそう言い切ります。

子どもたちはここで何を学べるのか? 「運動神経は遺伝しない」というのは本当なのか? 前編に続き、田村さんにお話をお聞きしました。

 

毎月テーマを決めて、手と足と脳を動かしていく

――biima sportsでは毎回のプログラムでは具体的にどんなことを行っているのでしょう?

毎月、テーマを決めてそれに合わせたプログラムを実施しています。たとえば2月のテーマは「リズムとダンス」。リズムは耳から入る聴覚情報であり、先生の動きを見て真似しようとするダンスは視覚情報ですよね。これらの情報を脳で受け止めて、自分の手と足を動かしていくことを学んでいきます。

 

毎月のテーマと目標カード

 

最初はジャンプなどの簡単なところから始めて、毎週少しずつステップアップしていきます。70分のレッスンが終わった後は、毎回フィードバックメールを保護者の方にお送りしています。月4回のうち3回はレッスンにあてて、最終週には授業参観のような形で保護者の前で子どもたちが発表してもらいます。とりわけフィードバックメールは保護者の方々に喜ばれますね。ロジカルな思考を重視するタイプのお父さんたちからの反応がすごくいいんですよ。

 



 

科学的データを保護者に説明するメールが好評

――フィードバックメールにはどんなことが書かれるのでしょう?

なぜ今月はこのテーマでこういったメニューをやるのか、科学的根拠はどんなもので、どんな能力が伸ばせるのか、どんなスポーツに活きるのか、というロジックの部分をしっかりとご説明します。その上で「家や公園などでこんな風に指導してあげるともっと伸びますよ」という指導のポイントもお伝えするんですね。家庭での一次教育がやっぱり何よりも大切ですから。

また、「今日はこんな発言をしてくれました」や、「苦手だったこんなことが、今日はここまでできましたよ!」など、運動能力の観点と、非認知能力の観点に分けて、お子様のレッスンの様子を各論でお伝えしています。そこの部分に価値を感じてもらっている実感はありますね。

 

――メールの他にも「一人ひとりの成長を科学的にデータ化」しているそうですね。

3カ月に1回、子どもたちの運動能力を定期的に測定しています。25メートル走のタイムや、跳ぶ、投げるといった基礎運動能力を測定することで、前回に比べてどんな風に伸びているのか、どんなことが得意なのかということを可視化することが目的です。

さらに運動能力とは別で、非認知能力のシートも作っています。精神的な部分や情動的な部分のコミュニケーション能力がどんな風に変わってきているのかを言語化して、それぞれ保護者の方にお渡ししているんですね。子どもたちの変化が目に見える形になっているという点で、こちらもすごく喜ばれています。

 

測定のレビューシート

 

運動神経は親から遺伝しないって本当?

――ところで公式サイトには「運動能力は親からは遺伝しない」と書かれていますが本当でしょうか? 「自分が運動が苦手だから子どもも苦手で当然」と考えている親は少なくないと思います。

はい、運動能力は親から遺伝しません。もう少し正確にいうと、筋繊維組成の向き不向きはあるんですね。スプリント系が得意な「速筋」と持久力がある「遅筋」という筋繊維のタイプは遺伝することがわかっていますが、運動神経の神経系それ自体は鍛えるほどに伸びていく。つまり子どものうちにどれだけいろんな動きをやれるかに大きくかかっているんです。

スポーツが得意なお父さんは、子どもが小さいうちから一緒にスポーツをやろうとしますよね? つまり、自分の体を動かしながら子どもに見本を見せて実践させている。その積み重ねによって、子どもも動きを学んでいくんですよ。逆にスポーツが苦手なお父さんお母さんは「スポーツを一緒にやろう」ということが少なかったりする。だから、子どもが体を動かすことについて学ぶ機会も少ないことが要因となっているケースがあります。

 

さまざまな体の動かし方を実践

 

――遺伝よりも環境要因の方が大きいのですね。では最後に、今後の展開について教えてください。

4月には首都圏エリアでさらに8校がオープンし、計11校になります。3月は各教室で無料体験会を実施していますので、ご興味ある方はぜひいらしてください。関西エリアにも進出する目処が立っていますので、今年中の全国展開を予定しています。biima sportsを通じて新しい教育コンテンツの形をどんどん広げていくことで、21世紀型の人材を育てるだけでなく、均一的な日本の教育を変革につなげることができれば、と思っています。

 

保護者の声(5歳男子のママ)

無料体験に参加して「いいな」と共感してすぐ入会を決めました。初めての習いごとです。うちは一人っ子なので興味の幅が狭いというか、積極性が欠けているところがあるんじゃないかな、と心配だったのですが、biima sportsに入ってからはお友達にすごく刺激を受けて、「英語の本を読みたい!」「自転車に乗ってみる!」と自分から意欲的に取り組むようになったので親としても驚いています。

 

<取材・文/阿部花恵>

 

※記事はインタビューイーの発言に基づいて記載しております。詳しい内容につきまして
はスクールにお問い合わせください。

 

ノビルコ特典

biima sports様のご好意により、2017年3月~2017年6月までの期間内で、「ノビルコを見て」ご入会いただいた方には、biima sportsの通常のキャンペーンとは別に1,000円分の商品券をプレゼントしていただけるそうです!ぜひこの機会に体験してみてはいかがでしょうか。

 
 

ノビルコで関連する習い事を探す

 

 
 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント 夏休み プログラミング 親子 小学生 体験 自由研究 ワークショップ 無料 職業体験 ロボット 英語・英会話 お絵描き・工作 書籍 料理 調査結果 サッカー インタビュー コラム コンテスト 科学 自然体験 スポーツ 工作 ものづくり コンクール 実験 学習 音楽