ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

体験イベント 2019.06.11

【7/28(日)】「おやこもの作りたいけん Vol05.花火とプログラムを学ぼう」開催!参加者募集中!

投稿者: ノビルコ編集部

イベント ニュース プログラミング 体験 夏休み2019 小学生 親子

2019年7月28日(日)、「おやこもの作りたいけん Vol05.花火とプログラムを学ぼう」が開催される。

 


 

おやこもの作りたいけん 7月28日開催!

 

「おやこもの作りたいけん」とは

システム開発を業務とする株式会社AMG Solutionとデザイン制作を業務とする株式会社ユニエル主催による「おやこもの作りたいけん」は、小学3年生~6年生と保護者の方を対象としたプログラム体験イベント。プログラムやデザインなどのもの作りを通して、親子のコミュニケーションを生み、ワクワクするような体験をしてもらうことを目的として、2015年から毎年夏休みに開催し、これまでにたくさんの参加があるという。2020年から小学校でのプログラム教育の必修化に向け、プログラム教育への関心が高まっており、毎回、大好評を博しているそうだ。

今回開催する「おやこもの作りたいけん」では、小学校3年生~6年生のプログラムに興味がある子どもを対象に、オリジナルのデジタル花火の作成を通して、デザインとプログラムの楽しさを感じてもらうことを目指している。また、親子で一緒に考えながら取り組むドリルもあり、理解しながら進めることで夏休みの自由研究として、学校での発表に役立てることもできる。

 

コンセプト、ゴール

コンセプトは、「“知る”から“作る”の階段を体験する」。仕組みを“知る”ところから、実際に“作る”ことによって、もの作りの楽しさを体感してもらう。

親子のコミュニケーションを促進、花火やプログラムを仕組みから楽しく理解すること、笑顔で体験を終えることを目指している。

 

今回の施策について

今回のテーマは、「花火とプログラムを学ぼう」。夏の風物詩、打ち上げ花火について原理から作り方、大きさや種類などを、親子で楽しく調べながら学ぶことができる。

花火職人への取材を元に作成したドリルを使用して、打ち上げ花火がどのように作られ、みなさんに楽しんでもらっているのかを学んでいく。

打ち上げ花火について学んだのち、プログラムを学ぶフェーズとなる。パソコンの使い方とプログラムとは何かということを知ってもらい、花火を作るプログラムを書いていく。

プログラムを使って色や形、大きさ、打ち上げる高さなど、自由自在に組合せて自分だけのオリジナルデジタル花火を作成する。

最後は、参加者全員で作成した花火で、花火大会を開催する。

花火についてのドリルや体験風景写真を持ち帰ることができるので、自由研究に活用できる。また、体験で使用したツールについても8月末まで利用できるため、お家でも繰り返し楽しむことができる。

今回はVR(バーチャル・リアリティ)体験も用意されており、子供たちの作った花火をVRで打ち上げることができる。
プログラムで作った花火が、夜空に大迫力で打ち上がる様子を観ることができる。

 

開催概要

<開催日>
2019年7月28日(日)

<開催時間>
午前の部 10時30分~12時30分(2時間)
午後の部 14時00分~16時00分(2時間)
※申込みの際、参加希望回を選択。

<開催場所>
株式会社AMG Solution虎ノ門オフィス
〒105-0003 東京都港区西新橋2-35-2 ハビウル西新橋9階

<参加費>
1,000円

<対象>
小学3~6年生(8~12歳)

<人数>
各8組(保護者の同伴が必要)

<募集締切>
2019年7月2日(火)
応募者多数の場合は、抽選となる。
抽選の結果は、2019年7月5日(金)までにメールにて連絡される。

 

■応募方法:こちらの応募フォームからご応募ください。

 

 

ノビルコで関連する習い事を探す

 

 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント プログラミング 夏休み 小学生 親子 体験 自由研究 ロボット 職業体験 英語・英会話 お絵描き・工作 料理 ワークショップ 無料 書籍 調査結果 サッカー インタビュー コラム スポーツ コンテスト 自然体験 科学 ものづくり 工作 コンクール 実験 音楽 学習