ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

大会情報 2018.05.16

【6/30(土)】メダリスト有森裕子さんを招いて『第1回親子チャリティマラソンin軽井沢おもちゃ王国』開催!応募〆切6/16!

投稿者: ノビルコ編集部

イベント スポーツ マラソン 小学生 未就学児 親子 運動

軽井沢おもちゃ王国にて、2018年6月30日(土)に『第1回親子チャリティマラソンin軽井沢おもちゃ王国』が初開催される。3歳~小学6年生とその保護者が対象。この機会にお子様と一緒のマラソンにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

親子チャリティマラソン イメージ

バルセロナ、アトランタオリンピック女子マラソンの2大会連続メダリスト有森 裕子さんを招いて、標高1,100mのすがすがしい初夏の浅間高原を舞台に親子で駆け抜けるチャリティマラソン!

『親子チャリティマラソンin軽井沢おもちゃ王国』は、日本とカンボジアの子どもたちの「豊かな心と健やかな体づくり」に貢献することを目的としている。「認定特定非営利活動法人ハート・オブ・ゴールド」が運営協力をしており、系列のおもちゃ王国(岡山県玉野市)で過去7回開催した「親子チャリティマラソン」で、現在までに22の小学校へ鉄棒を設置してきた。

『親子チャリティマラソンin軽井沢おもちゃ王国』では参加費の一部をカンボジアの小学校の支援に使用する。

 

有森裕子さんプロフィール

1966年岡山県生まれ。バルセロナオリンピック、アトランタオリンピックの女子マラソンで銀メダル、銅メダルを獲得。2007年2月18日、日本初の大規模市民マラソン『東京マラソン2007』でプロマラソンランナーを引退。1998年10月NPO法人「ハート・オブ・ゴールド」設立、代表理事就任。2002年4月アスリートのマネジメント会社「ライツ」(現 株式会社RIGHTS.)設立。
国際オリンピック委員会(IOC)「スポーツと活動的社会委員会」、日本陸上競技連盟理事、スペシャルオリンピックス日本理事長、厚生労働省「いきいき健康大使」他。国内外のマラソン大会やスポーツイベントに参加する一方、国際的な社会活動に取り組んでいる。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC) 女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞。同12月カンボジア王国ノロドム国王陛下より、ロイヤル・モニサラポン勲章大十字を受章。

 

主な競技歴

1991年 「大阪国際女子マラソン」2位(日本最高記録)
1992年 「バルセロナオリンピック女子マラソン」2位(銀メダル)
1996年 「アトランタオリンピック女子マラソン」3位(銅メダル)
1999年 「ボストンマラソン」3位(自己ベスト)
2007年 「東京マラソン2007」5位(引退)

 

主な受賞歴

1992年 朝日スポーツ賞
1996年 流行語大賞
2010年 津田梅子賞
2010年 国際オリンピック委員会(IOC) 女性スポーツ賞
2010年 ロイヤル・モニサラポン勲章大十字を受章(カンボジア王国)
2016年 モニサラポン・モハー・セレイワット勲章受章(カンボジア王国)

 

有森裕子の(心の金メダル)ハート・オブ・ゴールド

 私は、子供の頃、何一つ自信を持てるものがありませんでした。そんな時に「走る」ことに出会い懸命にがんばる事で生きてゆく<希望と勇気>をつかみ、多くの感動と出会いを与えられました。アトランタオリンピックの後、カンボジアを訪れる機会があり、今まで知らなかった厳しい社会の現実を見る事ができました。そして、カンボジアの人々との交流が始まりました。「できる人が」「できる事を」「できるだけ 続けよう」を合い言葉に、スポーツを通した新たな国際協力活動を進めています。私たちが、いちばん「夢」や「希望」を持って生きてほしい「世界の子供たち」に、がんばる「きっかけ」をつくるお手伝いができる事は、私の人生にとって大きな、大切な事です。
 今、新たな【心の金メダル】を輝かすことをめざして活動しています。一人でも多くの皆さんの参加をお待ちしております。

【心の金メダル】・・名前の由来
 バルセロナ五輪・銅メダリストで連続4回のオリンピック出場をした世界的ランナーの一人であるローレン・モラー(ハート・オブ・ゴールドの副代表・ニュージーランド出身)が、1996年からカンボジアの地雷被害者救済にあたっている有森裕子の姿を見て感動し、「有森裕子こそ心の金メダリスト」と話したのが【ハート・オブ・ゴールド】と名付けられた理由です。モラーは、誰でもが、それを求めようとする心さえあれば【心の金メダル】を持つことが可能です。と言っています。

 

第1回親子チャリティマラソンin軽井沢おもちゃ王国 概要

<名称>
第1回親子チャリティマラソンin軽井沢おもちゃ王国

<開催日> 2018年6月30日(土) ※小雨決行

<コース> 軽井沢おもちゃ王国内特設コース

<参加対象>
3歳~小学6年生とその保護者(18歳以上)
※未就学児は保護者とペアでの参加が必要。
※小学生は保護者なしで参加が可能。
※大人のみの参加はできない。

<コース>
(1)キッズコース 1km
(2)ジュニアコース 3km

<スケジュール>
受付  7:00~
開会式 7:45
終了後スタート
閉会式 9:20

<定員> 200名(先着順)

<参加料> 1,000円/1人 (傷害保険料込)

※チャリティマラソン参加者(エントリー)の軽井沢おもちゃ王国の入園料は無料。
※チャリティマラソンにエントリーしていない同伴者は入園料が必要。

 

エントリー方法

下記の必要事項を記入し、軽井沢おもちゃ王国までメールまたははがきにて応募。
※応募者の情報は本事業以外には使用されない。
●参加者全員の氏名(ふりがな)・生年月日・性別
●郵便番号・住所
●電話番号
●Eメールアドレス
 ※おもちゃ王国からのドメイン( omochaoukoku.co.jp )を受信できるよう設定すること。
●参加希望コース

※エントリー締め切り 2018年6月16日(土)

 

メールでお申し込み

宛先: info-k@omochaoukoku.com
件名:『親子チャリティマラソン』

 

はがきでお申し込み

軽井沢おもちゃ王国「親子チャリティマラソン係」
〒377-1512 群馬県吾妻郡嬬恋村大前細原2277

 

主催  :親子チャリティマラソンin軽井沢おもちゃ王国実行委員会
運営協力:認定特定非営利活動法人ハート・オブ・ゴールド
後援  :群馬県、群馬県教育委員会、嬬恋村、嬬恋村教育委員会、
     軽井沢町、軽井沢町教育委員会
協賛  :山崎製パン株式会社
協力  :ホテルグリーンプラザ軽井沢、群馬県立嬬恋高校、軽井沢おもちゃ王国 他

 

■第1回親子チャリティマラソン in 軽井沢おもちゃ王国
https://www.omochaoukoku.com/karuizawa/sp/event/details/charity_marathon.html

■軽井沢おもちゃ王国
https://www.omochaoukoku.com/karuizawa/

 

 

ノビルコで関連する習い事を探す

 

 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント 夏休み プログラミング 親子 小学生 体験 自由研究 ワークショップ 無料 職業体験 ロボット 英語・英会話 お絵描き・工作 書籍 料理 調査結果 サッカー インタビュー コラム コンテスト 科学 スポーツ 自然体験 工作 コンクール ものづくり 実験 学習 音楽