ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

体験イベント 2020.01.6

【2/12(水)】4~6歳対象:子育てサロン『~親子で楽しむ!「音」と「カタチ」のアート体験~』開催!

投稿者: ノビルコ編集部

お絵描き・工作 ニュース 親子 音楽

2月12日(水)、京王電鉄では、沿線での学びの機会を提案する「京王アカデミープログラム」の一環として、沿線で子育てをする家族に向けて、『親子で楽しむ!「音」と「カタチ」のアート体験』を府中市市民活動センタープラッツ バルトホールにて開催する。

 


 

 
今回のプログラムでは、東京家政学院大学と連携して、「音」と「アート」をテーマとした子育てサロンを開催する。講師は、同大学現代生活学部 児童学科教授の吉永早苗氏と同学科准教授の立川泰史氏。

プログラムの内容は、「消えゆく音に心を集中するゲーム」を体験した後、親子で音を感じながら白いクレヨンで自由に絵を描く。最後にパステルの粉を絵に振りかけて手でこすってみると、自分だけの素敵な絵や模様の作品が出来上がる。

即興的に表現された音の響きを感じながら絵を描き、「音やリズムがなければ生まれなかったカタチや色の世界」を楽しむことで、子どもの感受性・創造力を育む。描いた作品は、筒状に丸めて中にLEDライトを入れるとランプシェードにもなり、自宅でも楽しむことができる。

 

講師略歴

吉永 早苗(よしなが さなえ)氏

東京家政学院大学 現代生活学部 児童学科 教授
音楽教育 音楽表現教育 幼児教育を専門分野とし、幼児の音(おと)感受の状況に関する調査研究に基づいた音感受教育を提言。
著書:『子どもの音感受の世界 心の耳を育む音感受教育による保育』 「表現」の探求など

 

立川 泰史(たちかわ やすし)氏

東京家政学院大学 現代生活学部 児童学科 准教授
造形・美術教育学を専門分野とし、幼児期におけるイメージの産まれ方、物語的発想にみる想像力などの基礎研究とその教育実践化を提案。
著書:『学び合い高め合う造形遊び 豊かな学びの世界が広がる図工の授業づくりACTIVE LEANING 』など

 

内容

 

プログラム概要

<名称>
「子育てサロン『~親子で楽しむ!「音」と「カタチ」のアート体験~』」

<開催日時>
2020年2月12日(水)10:00~12:00

<場所>
府中市市民活動センタープラッツ バルトホール
(京王線府中駅南口徒歩1分〈駅直結〉ル・シーニュ5・6階)

<協力>
東京家政学院大学 現代生活学部

<対象>
4~6歳の子どもと保護者(2名1組)

<参加費>
1組1,000円(税込)

<定員>
50組100名
※応募多数の場合は抽選。

<募集期間>
1月31日(金)17:00まで

※当選にのみ、2月5日(水)頃までに当選通知メールが通知される。
※参加費は、当日会場にてお支払いください。

 
■応募方法 京王ホームページ 京王アカデミープログラム 応募フォームからお申し込みください。
 
 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント プログラミング 小学生 親子 夏休み 体験 自由研究 お絵描き・工作 夏休み2019 料理 ロボット 職業体験 英語・英会話 書籍 無料 ワークショップ 調査結果 サッカー 科学 インタビュー 自然体験 コンテスト スポーツ ものづくり コラム 実験 工作 音楽 コンクール