ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

体験イベント 2019.09.12

【10/19(土)〜20日(日)】子供の生きる力を育む野外保育を体験できる!週末だけの森のようちえんが長野県・富士見町で開催。

投稿者: ノビルコ編集部

ニュース 自然体験 親子

野外保育として全国でも注目を集める“森のようちえん”。「週末・森のようちえん in 富士見」が週末限定で体験できるプログラムを開催。都心からも日帰りでアクセスできる高原の町「富士見町」で行われる。八ヶ岳の自然を親子で満喫しながら、これからの子育てについて考えるチャンスだ。

 


 

 

 

「週に2時間以上、自然の中で過ごすことが、健康やストレスの減少に効果をもたらす」※1
先日、そんな調査結果が、英大学による研究で明らかになった。
※1英エクセター大学による調査

過密な都市部での生活は、時に高いストレスを感じること少なくない。そしてそれは大人だけでなく、子供にとっても同じであるはず。
子供が育つ上で、幼少期からの自然体験の重要性も叫ばれる中、八ヶ岳の麓、長野県・富士見町で、週末限定開催の野外保育プログラムがスタートする。

 

子供だけでなく大人にとっても嬉しい、週末だけの森のようちえん「週末・森のようちえん in 富士見町」

「週末・森のようちえん in 富士見」は、富士見町で活動する野外保育施設「森のいえ ぽっち」のスタッフによるナビゲートのもと、富士見の自然の中で子どもたちに自由な遊びを楽しんでもらいながら過ごす、1泊2日の野外保育ツアー。

1日目はこども組とおとな組に分かれ、それぞれが別々に自然を満喫。
こども組は「ぽっち」スタッフと一緒に高原の湿原で野遊び。おとな組は、八ヶ岳で活躍する石川高明さん(長野県信州登山案内人)によるナビゲートのもと、富士見の名峰である入笠山をお手軽ハイキング。
子どもの様子は、専属カメラマン撮影による夕方のふりかえり会で見ることができる。

2日目は、「森のようちえん・ぽっち」のフィールドへ移動し、親子で森の中での遊びを堪能する。
子どもの普段見ることのできない様子や成長を、ぜひ感じてみよう。

 

野外保育園「森のいえ ぽっち」とは

富士見町の豊かで多様な自然環境を活かし、四季を通じて野外で過ごす野外保育園(信州やまほいく特化型認定園)。
自然の中で、子ども一人ひとりのそのまんまを受け止め、ゆったりとした保育を行うことで、どう遊ぶかどう過ごすかを、子どもが自分で考え自分で選び自分で決める機会を大事にしている。

富士山はもちろん、八ヶ岳や南アルプスなど、見渡す限りの山々が広がるこの町は、子どもの野外保育にぴったりな場所。その豊かな自然の中で、週末だけの“森のようちえん”を体験入園してみては?

 

 

 

第一回 週末・森のようちえん in 富士見

<主催>
Route Design合同会社

<日時>
10月19日(土)〜10月20日(日)

<集合場所>
富士見 森のオフィス(現地集合・現地解散)

車でお越しの場合:
中央道高井戸IC−中央道諏訪南ICまで約2時間半。諏訪南ICより約10分

電車でお越しの場合:
JR中央線 富士見駅より徒歩20分
(タクシー5分。休日は混むのであらかじめ予約する方がよい)

高速バスでお越しの場合:
中央道高速バス停「富士見」より徒歩40分
(近場にタクシーはないので、あらかじめ迎車予約する必要あり)

 

■お申し込み、詳細はウェブサイトをご覧ください。

 

 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント プログラミング 小学生 夏休み 親子 体験 自由研究 夏休み2019 お絵描き・工作 ロボット 料理 職業体験 英語・英会話 書籍 無料 ワークショップ 調査結果 サッカー 科学 自然体験 インタビュー コンテスト スポーツ コラム ものづくり 実験 工作 コンクール 音楽