ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

新スクール 2019.10.9

挨拶・礼儀作法の基本的マナーが身につく メガロス「新キッズスクール」全店で展開

投稿者: ノビルコ編集部

スイミング スポーツ テニス ニュース

スポーツクラブ「メガロス」は、公益社団法人マナーキッズプロジェクトとのパートナーシップ締結や、国立大学法人東京学芸大学、NPO法人東京学芸大こども未来研究所との共同研究を参考にした新たな指導法の導入を受け、2019年10月より、スイミング・テニス・体育スクールなどを運営する「新キッズスクール」を展開している。

 


 

 

昨今、共働き世帯の増加や地域社会との関係の希薄化により、家庭や地域社会における教育力が低下していると指摘されている。そこで、メガロスではマナーキッズプロジェクトとパートナーシップ契約を締結することで、挨拶や礼儀作法など基本的マナーの習得による「徳育」の向上をスクールの基本方針の中に取り入れた。

メガロスの新キッズスクールでは、「できるを増やす。夢中になれる。」をテーマに掲げながら、運動能力、体力の向上だけではなく、ドイツ発祥の「コーディネーショントレーニング」を取り入れることで、遊びの要素を組み込み、脳を刺激し運動的知性を育む「知育」によって子どもの知能や知力を伸ばす。また、東京学芸大学、東京学芸大こども未来研究所と共同研究で導き出した、子どものやる気やモチベーションを巧みに引き出せる指導を展開し、「体・徳・知」の三拍子を兼ね揃えた、バランス良い子どもの育成を目指していくという。

 

「新キッズスクール」に関するコメント

公益社団法人マナーキッズプロジェクト 理事長 田中 日出男氏

マナーキッズプロジェクトでは、「日本の伝統的な美しい姿勢・挨拶」「腰骨を立てる」「マナーキッズ体幹遊び」「マナーキッズ調べ」の4つを体験できます。
体幹の身についた子供は、美しい姿勢になり、運動能力が高まり、学力も向上します。メガロス「新キッズスクール」に通い、体幹を鍛えて下さい。

 

東京学芸大学 鈴木 聡 教授

自尊心や諦めずにやり抜く力、協調性やコミュニケーション能力などは「非認知スキル=EQ」と呼ばれています。こどもたちが運動をする際には順番を守ったり勝ち負けを受け入れたり、一緒に運動をする友達を尊重する態度が求められることからその育成が期待できます。メガロスと学芸大学では、運動に親しみながら非認知スキルを伸ばしていける運動プログラムに注目し今ある商品の改善や新プログラムの開発をしています。

 
 

ノビルコで関連する習い事を探す

 

 

 

 

 
 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント プログラミング 小学生 親子 夏休み 体験 自由研究 お絵描き・工作 夏休み2019 料理 ロボット 職業体験 英語・英会話 書籍 無料 ワークショップ 調査結果 サッカー 科学 インタビュー 自然体験 コンテスト スポーツ コラム ものづくり 実験 工作 コンクール 運動