ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

習い事ナビ 2020.07.7

【調査結果】LINEリサーチ、年代別“はじめての習い事“に関する調査結果を発表

投稿者: ノビルコスタッフ

ニュース 小学生 親子 調査結果

LINEリサーチが日本全国の15〜59歳の男女を対象に、“はじめての習い事”について調査を実施し、その結果を発表した。

 


 

 

年代別 はじめて習い事をした年齢

 

はじめて習い事をした年齢で一番多かったのは、4-6歳/小学校低学年(小学校1-2年生)で、それぞれ3割前後。

年代別でみてみると、10代、20代は小学校にあがる前 (6歳以下) で習い事を始める人が多い様子。20代以下の年代では、小学校入学前にはじめての習い事を経験している人が過半数以上という結果になった。いまの若い世代は、比較的習い事デビューが早いことがわかる。

40代以上では小学校低学年(小学生1-2年生)ではじめたという人が多く、50代では小学校中学年 (小学校3-4年生) で始めた人も多い模様。スタートする年齢には年代によって差はあるものの、子どもの頃になにかの習い事をすることは当たり前になりつつあるようだ。

 

女性のはじめての習い事では全年代でピアノが1位。「習字」「スイミング」などは年代で異なる結果に

 


全体で見ると「習字」がトップ。40~50代で習っていた人が多く、50代では3割超え。10代、20代でも上位に入っており、今も、昔も習い事として男女ともに人気だ。
30代以上では、男女ともに「そろばん」もランクインしてきます。この年代では習字・そろばんが習い事の王道だったようだ。
女性の習い事No.1は「ピアノ」で、全世代で1位となりました。ピアノは女性の習い事として、世代を超えての王道ということになる。
10代、20代は「英会話」も30代以降に比べると人気が高い傾向がある。5位以内にはランクインしていませんが、女性10代では「ダンス」が3.8%で10位以内にランクイン。このあたりは、習い事が多様化している若い世代ならではの特徴といえそうだ。

調査概要

調査時期:2020年6月11日~6月12日
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女
実施時期:2020年5月7日~11日
有効回収数:5252サンプル
※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック
出典:LINEリサーチ

 
 

ノビルコで関連する習い事を探す

 

 
 

 
 

 

 

 

 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント プログラミング 小学生 親子 夏休み 体験 自由研究 お絵描き・工作 英語・英会話 夏休み2019 ロボット 料理 書籍 職業体験 無料 自宅学習2020 ワークショップ 調査結果 サッカー 科学 自然体験 インタビュー コンテスト スポーツ ものづくり コラム 運動 実験 コンクール