ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

習い事ナビ 2021.11.15

【調査結果】2021年子どものやる気とオンライン教育に関する意識調査。〇割の親がコロナ禍における勉強のモチベーション維持が難しいと思っている!

投稿者: ノビルコスタッフ

STEM教育 イベント ニュース プログラミング 調査結果

株式会社イー・ラーニング研究所は、子どもがいる親を対象に「2021年:子どものやる気とオンライン教育に関する意識調査」を実施した。
 




 

子どものモチベーション維持に必要と感じているもの第1位は〇〇〇!

 
「コロナ禍で勉強に関する子どものモチベーションを保つのは難しいと思いますか<SA>」という問では、約9割が「はい」(160)と回答し、オンライン学習をはじめ、これまでとは異なる環境下での学習において、モチベーション維持への不安があることが分かった。また、「なぜ子どものモチベーションを保つのが難しいと思いますか<MA>」では、「一人で学習するから」(105)が最も多く、次に「他の誘惑が多いから」(76)、「成果が見えにくいから」(74)、「学習の意味を自分で見つけないといけないから」(71)が僅差で続いた。対面とは異なり、一人で管理しながら学習するため、オンライン学習ならではのモチベーションの上げ方が求められていることが分かる。


 さらに、「子どものモチベーションを保つために何が必要だと思いますか<MA>」と質問したところ、「楽しさがある」(140)が最も多く、8割近くが回答した。子どものやる気をアップさせるために、自ら取り組めるような仕掛けを求めていることが伺える。

 

  約〇割の親が学習関与していくべきと考え、オンライン学習における関与の必要性を感じている!

 
「子どもが自分自身で計画を立てるのは難しいと思いますか」という問では、8割が「はい」(148)と回答し、子どもだけで計画を立てることの難しいと思っている親が多いことが分かった。

 また、「親が子どもの学習に関与していくべきだと思いますか<SA>」と質問したところ、約8割が「はい」(141)と答えた。さらに、「特に親が関与すべき、子どもの学習はどれだと思いますか<MA>」では、7割以上が「オンライン学習」(136)と回答し、群を抜いて多くなった。学習塾や家庭教師はおまかせでの学習でも問題ないと思っている一方で、自主的に取り組む必要のあるオンライン学習では親が関与していく必要を感じていることが伺える。


 

オンライン学習におけるサポート需要が多く、「成果の視覚化」を求めているのは8割以上!

 
「オンライン学習において、どんなサポートがあるといいと思いますか<MA>」という問では、「成果が視覚化できる」(155)が最も多く、8割以上が子どものモチベーション維持につながるサポートを求めていることが分かった。さらに、「学習計画を立てられる」(113)や「親が進捗管理できる」(84)を求める声も多く、親の関与の必要性を感じている中で、しっかりと学習が進行できるような管理ツールの需要があることも伺える。

 
 

調査概要

【「2021年:子どものやる気とオンライン教育に関する意識調査」】
<調査方法>
紙回答
<調査地域>
全国
<調査期間>
2021年10月5日(火)~2021年10月26日(火)
<調査対象>
20代~50代の子どものいる親 男女 計185人
「イー・ラーニング研究所調べ」

 
 

ノビルコで関連する習い事を探す

 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース 小学生 イベント プログラミング 親子 夏休み STEM教育 自由研究 体験 英語・英会話 お絵描き・工作 職業体験 料理 書籍 ロボット 調査結果 夏休み2019 無料 ワークショップ 科学 サッカー 自宅学習2020 自然体験 夏休み2021 ものづくり スポーツ インタビュー コンテスト 運動 コラム