ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

習い事ナビ 2020.09.19

【調査結果】2020年教育改革。約9割の家庭がプログラミング教育を「実施していない」親世代は自分で教えられない⁈

投稿者: ノビルコスタッフ

ニュース プログラミング 小学生 親子 調査結果

株式会社ネクストビートは、子育て世帯の家庭でのプログラミング教育に関するアンケート調査を実施した。
 



 

9割の家庭がプログラミング教育を実施していない

子育て世帯の約9割が、家庭でのプログラミング教育を「実施していない」「必要性は感じているが実施していない」と回答した一方で、約1割が「実施している」と回答。その他回答として、「無料のプログラミング講座のイベントには何度か参加したことがある」、「まだ1歳なので実施していないが、何かしらの形で取り組ませたいとは思っている」との声もあがった。

 

プログラミング教育を「実施していない」理由とは?

調査結果より回答一部抜粋:
・「何から始めてよいかわからない。また、プログラミング教室が思ったより高価で、もう少し大きくなってからでもいいかもしれないと躊躇している。」(神奈川県/お子様の年齢:4歳)
・「興味はあるが、いつから実施すればいいかわからない」(東京都/お子様の年齢:0歳)
・「プログラミングに関する教材はあるが、親が学習内容についてフォロー出来ず、積極的に取り組ませることが出来ていない」(東京都/お子様の年齢:6歳)
・「親では教えられないので習い事なので補いたいが、どこに行けばいいのかわからないため。」(東京都/お子様の年齢:2歳、3歳)
・「まだ私たち親にとって身近ではないため」(山形県/お子様の年齢:10歳以上)
・「親の私自身の情報収集不足のため、どのような形態で学ばせたら良いか等検討できていないため。また、学校での授業が始まっており、一定そこで習得した上で、本人のこれ以上の学習希望があるかどうかを見極めてから検討したいため。」(埼玉県/お子様の年齢:8歳)

 

プログラミング教育を実施ている家庭は何歳から実施しているのか?


プログラミング教育を「実施している」と回答した家庭では、3歳と7~10歳から開始している家庭が最も多く、次いで0歳、5歳から実施。乳幼児からプログラミング教育を行っている家庭もあることがわかった。

 

プログラミング教育の必要性を感じる理由は様々

調査より回答を一部抜粋:
・「構造的に物事を捉えることができるようになるから」(東京都/お子様の年齢:10歳以上)
・「昔よく言われた『読み書きそろばん』が世間の潮流として『読み書きプログラミング』という位置づけに変化してきているため。」(茨城県/お子様の年齢:0歳、7歳)
・「論理的思考力を身につけるとともに、AIネイティブ世代となる子どもたちには、プログラミングに早い段階で触れることで、苦手意識などを持たず、将来、幅広い分野での活躍の可能性を与えることが出来ると思うから。」(神奈川県/お子様の年齢:4歳)
・「学校で必須になっているし、今後大学受験等でも必須化されると聞いているので。あと、ITの知識は、子どもたちが将来大人になった時には、今とは比べものにならないほど必要だと思います。社会でおいていかれないために、彼らが将来生きていくために、当たり前の知識として、必要なものだと思います(私たちがタイピングするのと同じレベルで、彼らはコードが書けるようになるんだろうな、と思う)。あと、こうしたい時にはこうして、そうなるとこれが邪魔になって…と、プログラミングソフトやりながら色々考えているので、課題解決の力、論理的思考を養うのに、プログラミングって良いんだろうなと思います。」(埼玉県/お子様の年齢:10歳以上)

 

スクールではなく、プログラミング教育を家庭でも行っている

「プログラミング教育」をどのような形で行っているか、という質問に対しては、「教材などを使用した家庭学習をしている」が首位、次いで、「塾やスクールに通っている」という回答となった。

コロナ禍によってあらゆるもののデジタル化・オンライン化が加速され、未来のIT人材の育成にも更なる関心が高まっています。また、2021年度には中学校でプログラミング教育が拡充されることが決定している。

 
 
今回の調査で、プログラミング教育を実施している家庭にその理由を聞いたところ、最も多いのは「論理的思考力を身につけるため」だった。また、「AIネイティブ世代となる子どもたちには、プログラミングに早い段階で触れることで、苦手意識などを持たず、将来、幅広い分野での活躍の可能性を与えることが出来る」、「ITの知識は、子どもたちが将来大人になった時には、今とは比べものにならないほど必要だと思う。社会でおいていかれないために、彼らが将来生きていくために、当たり前の知識として必要なもの」という声もあがり、これまでより一層、プログラミング教育の重要性を感じている保護者も多いことがわかる。

 

調査サマリー

・子育て世帯の約9割が、家庭でのプログラミング教育を「実施していない」「必要性は感じているが実施していない」と回答。「実施している」家庭は約1割に留まった。
・家庭でのプログラミング教育を実施していない理由は「何から・どうすれば良いかわからない」が最多。
・プログラミング教育を「実施している」と回答した家庭では、3歳、7~10歳から開始している家庭が最も多く、次いで0歳、5歳となった。
・家庭でのプログラミング教育の方法として、「教材などを使用した家庭学習をしている」が首位、次いで、「塾やスクールに通っている」という回答となった。

調査概要

<調査対象>
子育て情報メディア「KIDSNA」のサイト来訪者・SNS閲覧者
<調査期間>
2020年8月7日~2020年8月14日
<調査方法>
インターネット調査
<有効回答数>
76名

 
 

ノビルコで関連する習い事を探す

 
 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント プログラミング 小学生 親子 夏休み 体験 自由研究 お絵描き・工作 英語・英会話 料理 ロボット 夏休み2019 書籍 職業体験 無料 ワークショップ 自宅学習2020 調査結果 サッカー 科学 インタビュー 自然体験 コンテスト スポーツ ものづくり コラム 運動 工作 実験