ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

習い事ナビ 2021.04.7

【調査結果】子どもがいる親世代コロナ禍でのオンライン教育8割以上が望むことは?

投稿者: ノビルコスタッフ

ニュース 小学生

イー・ラーニング研究所では20代~50代の子どものいる親を対象に「コロナ禍でのオンライン教育並びにコミュニケーションに関する調査」を実施した。

 



 


 

 新学期にあたり準備したいITツール第1位は〇〇!

「新学期にあたり新しく準備したいと思ったITツールはありますか<SA>」という問では、約4割が「はい」(169)と回答しました。また、「どのようなITツールを準備したいと思いましたか<MA>」と質問したところ、「タブレット」(120)が最も多く、次に「タブレット用学習教材」(90)が続きました。GIGAスクール構想により、学校で1人1台のPCやタブレット支給が広がっている中で、家庭でも手軽なタブレットによる学習を取り入れたいと考えていることが伺える。
 

 

 

8割以上が対面授業とオンライン授業の両方を希望!

 「対面授業とオンライン授業のどちらを子どもに受けさせたいですか<SA>」という問では、8割以上が「両方」(345)と回答し、対面とオンラインのどちらか一方ではなく、両立した授業を希望していることが分かる。
 
 
また、「オンライン授業に不安を感じますか<SA>」という問では、約半数が「はい」(191)と答え、いまだオンライン授業への不安要素があることが浮き彫りになりました。さらに、「はい」と回答した人を対象に、「どのような不安を感じますか<MA>」と聞いたところ、第1位が「集中力が続くのか」(91)、第2位が「分からないまま進んでしまわないか」(77)となった。オンライン学習が広まる一方で、子どもの集中力や理解度に合わせた学習ができるかどうかが課題となっており、それに対応した学習方法やコンテンツが求められていることが伺える。

 

 

約6割がコロナ禍における子どものコミュニケーションに不安を感じている! 最も多い不安は?

 「コロナ禍における日常的な子どものコミュニケーションに不安を感じることはありますか<SA>」という問では、約6割が「はい」(237)と答え、コミュニケーションにおける不安が広がっていることが明らかになった。
 また、「どのようなことに不安を感じますか<MA>」と調査したところ、「対面でのコミュニケーションが苦手にならないか」(173)が最も多く、約7割が不安に思っていることが分かった。実際に顔を合わせたコミュニケーション機会が減少する中で、学習だけでなく、コミュニケーションなどの将来的にも求められるスキルをどのようにつけていくのかが問題になっていることが伺える。
 


 

調査概要

「コロナ禍でのオンライン教育並びにコミュニケーションに関する調査」
<調査方法>
紙回答
<調査地域>
全国
<調査期間>
 2021年3月3日(水)~2021年3月26日(金)
<調査対象>
20代~50代の子どものいる親 男女 計409人
「イー・ラーニング研究所調べ」

 
 

ノビルコで関連する習い事を探す

 
 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント 小学生 プログラミング 親子 夏休み 体験 自由研究 英語・英会話 お絵描き・工作 料理 書籍 ロボット 職業体験 夏休み2019 無料 調査結果 ワークショップ 自宅学習2020 サッカー 科学 インタビュー 自然体験 コンテスト スポーツ ものづくり コラム STEM教育 運動 学習