ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

習い事ナビ 2017.02.27

【調査結果】全国の小中学生の「将来、就きたい仕事」とは??

投稿者: ノビルコ編集部

ニュース パティシエ 調査

アデコ株式会社は、日本全国の小中学生1,000人を対象にした「将来就きたい仕事」に関するアンケート調査を実施した。本調査は2014年より開始し、今回で4回目の実施となる。そして、今の子どもたちに人気のある、第1位に輝いた仕事とは・・・??

 

小中学生が「将来就きたい仕事」

 
全国の小中学生1,000人に対し、「あなたは、大人になったらどのような仕事をしたいですか。」と質問したところ、将来就きたい仕事の1位は、男子が「会社員」(14.4%)、女子が「パティシエ」(11.0%)となった。「パティシエ」は3年連続で女子の小中学生が将来就きたい仕事の1位に。将来もっとも就きたい仕事に「パティシエ」を選んだ女子の割合は昨年と同じでしたが、「会社員」を選んだ男子の小中学生割合は昨年の10.2%から4.2ポイント増加。

男子・女子を合わせた総合のランキングは、昨年に続き「会社員」(11.8%)が1位に。男子の小中学生で「会社員」を選んだ子どもの割合が増加したことにともない、総合のポイントも昨年の8.0%から3.8ポイント増加した。

また、今回の調査では、「自営業・個人事業主・フリーランス」と「ゲームクリエイター」が初めてトップ10に入った。「自営業・個人事業主・フリーランス」は男女両方でランクインし、男子が将来もっとも就きたい仕事の7位(3.0%)、女子が将来もっとも就きたい仕事の8位(2.6%)に。「ゲームクリエイター」は、男子が就きたい仕事で6位(3.4%)となった。

<小中学生が「将来就きたい仕事」>

小中学生が「将来就きたい仕事」:男子

小中学生が「将来就きたい仕事」:女子

小中学生が「将来就きたい仕事」:男女総合

 

小中学生が「好きな教科・嫌いな教科」

 
日本全国の小中学生1,000人に対し、「あなたが好きな教科をお答えください。」と質問したところ、1位は「算数・数学」(20.9%)で、選択肢の中で唯一20パーセントを超える結果に。2位は「国語」(13.7%)、3位は「社会」(10.2%)。

一方、「算数・数学」は「嫌いな教科」として挙げた子どもも多く、「嫌いな教科」でも1位(22.4%)となった。国語も同様で、こちらも「嫌いな教科」としても2位(12.6%)に。得手・不得手がはっきりするのがこの2科目であることがうかがえる。

<小中学生が「好きな教科」・「嫌いな教科」>

小中学生が「好きな教科・嫌いな教科」

 

調査結果のまとめ

  • 小中学生が将来就きたい仕事の1位は、男子が「会社員」、女子が「パティシエ」
  • 男子・女子を合わせた総合の1位は「会社員」
  • 「パティシエ」は3年連続で女子が将来就きたい仕事の1位に
  • もっとも就きたい仕事として「会社員」を選んだ男子の小中学生が増加
  • 「自営業・個人事業主・フリーランス」と「ゲームクリエイター」が初めてトップ10入り
  • 小中学生が好きな教科の1位は「算数・数学」。「算数・数学」は嫌いな教科でも1位に

 

【調査概要】

<調査対象>日本全国の小中学生(6 歳~15 歳の男女)1,000人
<調査方法>インターネット調査
<実施時期>2016年11月

 
 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント プログラミング 小学生 親子 夏休み 体験 自由研究 お絵描き・工作 英語・英会話 料理 ロボット 夏休み2019 書籍 職業体験 無料 ワークショップ 自宅学習2020 調査結果 サッカー 科学 自然体験 インタビュー コンテスト スポーツ ものづくり コラム 運動 実験 学習