ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

習い事ナビ 2019.03.5

【調査結果】「カラダノート版」人気の習い事は?今人気が急上昇している習い事は…

投稿者: ノビルコ編集部

スイミング ニュース ピアノ 初めての習い事 子どもの習い事ランキング 水泳 英語・英会話 調査結果

『カラダノートママびより』は、ユーザーを対象に、習い事に関する意識調査(調査期間:2019年2月11日~2月18日)を実施し結果を公表した。

 


 

 

トピックス

・昨年の調査と習い事ランキングに変動はなく、「スイミング」が第1位。
・ランキングのTOP3である「スイミング」「英語」「学習塾・幼児教室」は、昨年比およそ1.5~2倍に増加。
・親からは、習い事を ①続けられるか ②いつ辞めるか といった継続への不安の声が最多。

 

昨年に続き、スイミングが根強い人気。英語や学習塾にも力を入れる傾向

2018年の調査結果に続き、「スイミング」を習っているという回答が37.6%と最も多い結果となり、昨年の21%と比較すると、16.6%増加した。2番目に多かった「英語」は、昨年の倍以上である31.2%に増加しており、「学習塾・幼児教室」についても、昨年の11.2%からおよそ1.5倍の19.5%が習っていると回答。スイミングによる体力作りに加え、2020年度より施行される新学習指導要領における「英語の教科化」の影響からか、子どもの学力を気に掛ける傾向があった。

 

 

習い事 継続への2つの不安 ①続けられるか ②いつ辞めるか

習い事をしている人のうち、「続けられるかどうか」継続性についての不安を挙げる人が昨年に続き、最も多かった。継続性への不安を紐解くと、本人のやる気や性格など子どもに起因するものと、経済的な事情に起因するものの2種類に分類することができた。

 

意見抜粋

・子どもがいつまでやる気を持って続けてくれるか。
・子どものためになるかと思うが、どこまでやらせるか、辞めどきがわからない。
・辞めたいと言ってすぐにやめさせていいものかどうか。
・経済的な理由で継続できるか心配。

 

親の習い事経験が子どもの習い事検討にも影響を与える

子どもの習い事の検討状況を比較すると、幼少期(中学校入学まで)に習い事の経験がある母親のほうが、習い事をしていなかった母親に比べて、子どもの習い事を検討している割合が約15%多かった。
検討中の習い事として人気が高かったのは、「スイミング(43.5%)」が最も多く、ほぼ同率で「英語(22.8%)」「ピアノ(22.1%)」と続いた。
検討理由は、「将来役に立つと思うから(71.0%)」が圧倒的に多いが、次いで「自分がやっていて役に立った/やっていればよかったと感じたものだから(19.7%)」が挙げられ、母親の幼少期の習い事経験が、子どもの習い事の検討に影響を与える傾向があることがわかった。

※アンケート対象者は、2歳までの子を持つ親が87%を占めるためか、「プログラミング」を習い事にしている/検討しているといった声は挙げられなかった。

 

アンケート調査概要

<調査内容> 習い事に関する意識調査
<調査期間> 2019年2月11日~2019年2月18日
<調査対象> カラダノートママびよりメルマガ登録者
<回答人数> 706名
<調査方法> インターネット調査

 

 

ノビルコで関連する習い事を探す

 

 

 

 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント プログラミング 夏休み 小学生 親子 体験 自由研究 お絵描き・工作 ロボット 職業体験 料理 英語・英会話 無料 ワークショップ 夏休み2019 書籍 調査結果 サッカー インタビュー 科学 コラム 自然体験 スポーツ コンテスト ものづくり 実験 工作 コンクール 音楽