ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

習い事ナビ 2019.04.4

【調査】バルサ基金/ユニセフ共同発表~スポーツによる学習能力・スキル向上を立証

投稿者: ノビルコ編集部

スポーツ ニュース 調査結果

2019年3月、ユニセフ(国連児童基金)とバルサ基金は、報告書『スポーツを始めよう:子どもに特化した開発のためのスポーツに関する実証(原題:Getting into the Game: Understanding the Evidence for Child-Focused Sport for Development)』において、子どもはスポーツに参加することで、学習能力やエンパワーメント、リーダーシップ、自己肯定感といった様々なスキルを向上させ、自らの幸福や将来の可能性にも影響を与えることが出来ると発表した。

 


 

 

 

ユニセフ事務局次長によると、「スポーツが子どもの健康や身体的な成長を促進することは長い間理解されてきましたが、私たちは今回、スポーツが子どもの教育およびライフスキルを身に着ける上で強力な影響を及ぼすことを示す確固たる実証データを得ることができました」。

 

報告書は以下の点も指摘している:

 

  • 成功した開発のためのスポーツのプログラムは、教育や社会的な要素も取り入れるなどした、マルチ・セクター協力によるものであった。
  • コーチは、子どもの安全および起こり得るネガティブな影響を緩和するために重要な役割を果たす。
  • スポーツに関与することで、子どもの虐待や搾取を受けるリスクを減少させるという示唆する実証データは乏しい。逆に、スポーツによってはやりかたを誤ると、暴力に晒されるリスクを増やす可能性があると示している。
  • 開発のためのスポーツのプログラムをモニターするためには、効果的な実施方法に関するより多くの研究も含めた、より良い実証データが必要。
  • プログラムの企画およびデータ構築において、より意味のある子どもの参加が必要。

 

2019年は、史上最も多くの国が締結した人権に関する条約「児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)」が採択されてから30年にあたる。子どもの権利条約は、すべての子どもが「休んだり遊んだり、文化的、芸術的な活動に参加する権利」を認めている。

 

スペイン・ユニセフ協会会長の言葉:
「スポーツは、感動を与えるだけではありません。インクルーシブな社会に向けた現実的なツールであり、遊ぶ権利を含めた子どもの権利を保障するものでもあります」「スポーツは子どもの発達を促します。バルサ基金と協力して、私たちはそのことを示していきます」

 

■詳細は こちら

 

 

ノビルコで関連する習い事を探す

 

 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント プログラミング 小学生 親子 夏休み 体験 自由研究 お絵描き・工作 夏休み2019 料理 ロボット 職業体験 英語・英会話 書籍 無料 ワークショップ 調査結果 サッカー 科学 自然体験 インタビュー コンテスト スポーツ コラム ものづくり 実験 工作 コンクール 運動