ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

書籍 2022.06.20

【書籍】書き込み式ワークで「お金の基礎力」を育む。こどもSTEAMシリーズ第5弾、『小学5・6年生向け お金の考え方・使い方』6月20日発売

投稿者: ノビルコスタッフ

STEM教育 イベント ニュース 小学生 書籍 職業体験

株式会社アルクより、新刊『小学5・6年生向け お金の考え方・使い方』が発売された。
 


「お金」と社会のしくみを学び、未来のチャンスを無限に増やす!

 
キャッシュレス化が加速し、便利な世の中になった結果、お金の姿は非常に見えにくくなった。そんななか、学習指導要領の改訂によって、2022年春からは高等学校の学習内容に「金融教育」が加わった。一人一人がお金について、さらに向き合う時代が来ている。そもそも、「お金」とは正解が定まりにくい。次世代を担う子どもたちは、より早い時期からお金の知識を得て、大切にしたい「自分軸」を見いだし、お金との上手な付き合い方を身につけることが必要だ。本書では、身近な話題で作られた設問を通して、自ら考え、言語化し、自立して生きていく力をはぐくむ。アルクの小学生向け新シリーズ「こどもSTEAM」の第5弾。
※小学3・4年生向けワークブックもある。

全4章、計30のワーク

 
全4章、計30のワークで構成されている。お金の計画的な使い方、適正価格、キャッシュレス、インフレとデフレ、エシカル消費、外国為替、単利と複利、税金、公的保険と民間保険、クラウドファンディングなど、多岐にわたるテーマで社会のしくみを学ぶ。

よりよい投資家として

 
「第4章 よりよい投資家として」では、投資教育の最初の入り口として、株のしくみや株価、貸借対照表、投資信託なども取り上げた。読んで終わりにならない「書き込み式ワークブック」として、お金の知識を得るだけでなく、自分で考えて選択したり、自分の言葉でまとめたりする練習としても活用できる。

「お金」について興味をもてるように

 
広い視野で「お金」について興味をもてるように、ミニクイズやコラムも掲載。大人でも意外と知らなかった、お金の知識が深まる。

※これからの子どもたちに身につけてほしい力「STEAM」とは
Science (科学)
Technology (技術)
Engineering (工学・ものづくり)
Arts (芸術・リベラルアーツ)
Mathematics (数学)
の頭文字をとった造語で、理数系の能力に加え、表現力や想像力といった非認知系能力も対象にした教育理念のこと。
 

書籍情報

<タイトル>
小学5・6年生向け お金の考え方・使い方
<価格>
1,320円(税込)
<サイズ>
B5判、112ページ
<ISBNコード>
978-4-7574-3978-8
<著者>
キャサリンとナンシー
<著者プロフィール>
キャサリン(竹内かおり)とナンシー(西岡奈美)は、「キャサリンとナンシーの金融教育」として活動するファイナンシャル・プランナー。「お金のことをかんたんに! おもしろく。そして投資をもっと身近に。」をモットーに、子ども向けマネー教育・大人向け投資教育を行う。ともに元証券会社社員で、子育て中のリアルな母親でもある。ファイナンシャル・プランナーは「お金のお医者さん」と言われるため、キャサリンはブルー、ナンシーはピンクの白衣を着て、お金の話をわかりやすく提供することを心がけている。これまでの約10年間に、金融庁をはじめ、公私立小学校・図書館・公的機関などで300回以上の講義経験がある。2022年4月に株式会社マネイクを設立。

 
 

■詳細はこちらから

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース 小学生 イベント プログラミング 親子 STEM教育 夏休み 自由研究 体験 英語・英会話 職業体験 お絵描き・工作 書籍 料理 調査結果 ロボット ワークショップ 夏休み2019 科学 無料 自然体験 サッカー ものづくり 自宅学習2020 夏休み2021 学習 スポーツ 実験 インタビュー コンテスト