ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

書籍 2021.11.24

【書籍】小学生の理系脳を育てる“おいしい実験”図鑑が発売!『理系脳をつくる 食べられる実験図鑑』

投稿者: ノビルコスタッフ

STEM教育 ニュース 体験 小学生 料理 書籍 自由研究 親子

株式会社主婦の友社は『理系脳をつくる 食べられる実験図鑑』を、2021年11月20日(土)に発売した。
 





これからますます必要になってくる子どもの「理系脳」を育てるために、何をするべきか。頭を悩ませる親も多いと思いますが、まず大切なのは、子どもが身の回りのことに興味関心をもつこと。私たちの身の回りにあるたくさんの“ふしぎ”を発見し、自分の手を動かして解明することで、科学の芽が大きく育っていく。
 

お菓子を作って、科学が学べる!

 

“子どもの興味を生かす”ことのアプローチとして、おすすめなのが「おうちでできる料理実験」。
『理系脳をつくる 食べられる実験図鑑』では、むいていないのにうす皮がなくなる「丸ごとみかんゼリー」、アルギン酸ナトリウムをつかって作る「つぶつぶメロンクリームソーダ」、宝石みたいに輝いて、自分で育てて大きくできる「キラキラミラーキャンディ」、グラスをひっくり返してもこぼれない「子どもビール」など。ユニークで楽しい、お菓子レシピを紹介している。温度の変化や化学反応に注目した、ひと味違う「食べられる実験」だ。
 

親切すぎるプロセス紹介で、失敗しない

 

小学生が(大人の付き添いのもと)一人で作ることができるように、手順をわかりやすく解説している。実験の成功のヒケツは、材料の分量や時間を守ること。段取りよく進められるように、材料と道具リストがついているので、実験の失敗が防げる。
 

「科学の知恵」が入った解説つき!

 

「食べられる実験」で起きた“ふしぎ”な変化のワケを、実験博士がていねいに教えてくれる。身の回りに応用されている科学の知恵に気づく豆知識もいっぱい!
 

「おもしろ理科実験」でさらに追求!

 

お菓子づくりに関連した「科学実験」もたくさん紹介している。料理の実験でおきた“ふしぎ”が、なぜ起こったのか。別の方法からも学ぶことができます。すべて家でできる簡単な実験ばかり! 
 

冬休み中はこどもの荷物が想像以上に増える!

 

​クックくん、りかちゃん、実験博士が本のナビゲーター。彼らと一緒に体験していくので、疑問もそのままにならず理解できる。
本書で紹介する「食べられる実験」は、作っていて楽しいだけでなく、食べておいしいのが最大の魅力!
ぜひ家族で、親子で、楽しい実験タイムを過ごしてほしい。自由研究にもおすすめだ。
 

著者プロフィール

 
中村陽子(なかむら ようこ)
料理研究家。大学卒業後、料理研究家のアシスタントをへて独立。幼児食インストラクターの資格を生かし、親子、子ども向け雑誌、書籍、ウエブなどで活躍する。二児の母として、子どもと楽しみながら学べる実験レシピはライフワーク。著書に『みんなにおくるチョコ&お菓子BOOK』(成美堂出版)など。

 

監修者プロフィール

 
開成中学校・高等学校 教諭 宮本一弘(みやもと かずひろ)
東京都立大学卒業後、東京工業大学大学院修了。理学博士。学校で教鞭をとるかたわら、園児や小学生に向けた実験ワークショップや、化学を体験できるイベント、講演など精力的に行い、理科や科学の興味を広げる活動をしている。NHK高校講座「科学と人間生活」の監修も務める。

 

書誌情報

<タイトル>
理系脳をつくる 食べられる実験図鑑
<著者>
中村陽子
<監修>
宮本一弘(開成中学校・高等学校 教諭)
<定価>
1650円(税込)
<仕様>
B5変、128ページ
<発売日>2021年11月20日(土)
ISBN:978-4-07-449361-6

 
 

 
 

ノビルコで関連する習い事を探す

 

 
 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース 小学生 イベント プログラミング 親子 夏休み STEM教育 自由研究 体験 英語・英会話 お絵描き・工作 職業体験 料理 書籍 ロボット 調査結果 夏休み2019 無料 ワークショップ 科学 サッカー 自宅学習2020 自然体験 夏休み2021 ものづくり スポーツ インタビュー コンテスト 運動 コラム