ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

書籍 2021.04.13

【書籍】右脳と左脳の最高のバランスをつくる究極の100問を掲載!『–子どもの頭の回転が速くなる– 天才育脳ドリル』発売

投稿者: ノビルコスタッフ

ニュース 書籍

株式会社自由国民社(東京・豊島区、代表取締役社長・石井悟)は、2021年4月9日に書籍 『–子どもの頭の回転が速くなる– 天才育脳ドリル』を刊行した。
 



 

「学習の土台」をつくる時期である就学前の教育。「何からはじめれば良いのか」「正解がわからない」とお悩みの方も多いのではないか。
子どもの学力を伸ばすためには、右脳(=イメージ脳)と左脳(=言語脳)を均等に鍛える必要があると言われている。言語脳を育てていくことはもちろん大切だが、言語を獲得する前に使っていたイメージ力=右脳の力を失わないように温存するトレーニングをしっかりとおこなうことで、創造力や発想力を生み出す基礎が身につき、大人になってからも役立つ瞬時に膨大な情報を処理できる能力が育つ。
本書は右脳の力を鍛えるためにおこないたい100問を掲載したドリルです。「当てっこ遊び」をおこなうように親子で楽しみながら問題を解くことができる。


 

目次

はじめに
1たりないかたち
2 ケーキめいろ
3 いくつ?
4は~い
5 のばして
6 たおれたかず
7 きりがみ
8 かげ
9 もよう
10 かいてん
こたえ
 

著者

奥土居 すいしん(おくどい・すいしん)
昭和33年西宮生まれ。主な職業 育脳教育研究所 所長。最終学歴 関西学院大学大学院。
25歳に会社を起業、36歳の時、阪神淡路大震災で被災。被災後、教育博士七田 眞先生に出会い、右脳教育や大脳生理学に基づいた教育に感銘を受け研究に入る。実践教室を神戸市西区に立ち上げ、約2000名の親子を指導。
全国で行った幼児講演会は800回を数える。また、大人の能力開発教室を開設し、速読や記憶法の指導経験を持つ。また、日本人で最も右脳を使った偉人、弘法大師空海の研究家でもある。子育ては夢育て! をモットーに活動中。
 

概要

<書名>
『–子どもの頭の回転が速くなる– 天才育脳ドリル』
<著者>
奥土居すいしん
<定価>
1,320円(10%税込)
<判型>
B5変形判
<頁数>
152頁
<ISBN>
978-4-426-12695-7
<発行日>
2021年4月9日
     

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース 小学生 イベント プログラミング 親子 夏休み 体験 自由研究 英語・英会話 お絵描き・工作 料理 書籍 ロボット 職業体験 夏休み2019 無料 調査結果 ワークショップ 自宅学習2020 サッカー 科学 インタビュー スポーツ 自然体験 コンテスト ものづくり コラム STEM教育 運動 学習