ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

書籍 2019.12.12

【書籍】『ロウソクの科学』吉野彰氏オビで出荷 報道後の累計重版14万部突破!

投稿者: ノビルコ編集部

ニュース 書籍 科学

株式会社KADOKAWAは、 ノーベル化学賞受賞者の吉野彰氏からの推薦コメントを帯に掲載した『ロウソクの科学』、角川文庫版と角川つばさ文庫版を順次出荷する。角川つばさ文庫は12月5日より出荷済み、角川文庫については12月11日出荷分より吉野彰氏の推薦コメントが入った新オビが巻かれる。

 


 

 

 

吉野彰氏が「化学への興味の原点」として挙げた『ロウソクの科学』は、ノーベル賞受賞報道後の累計重版が角川文庫版78,000部、 角川つばさ文庫版が70,000部となり、 2作合計で14万8000部を突破した。

 

私を科学者にした原点――角川文庫

これを読めば、きっと化学を好きになる――角川つばさ文庫

 

『ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科』(角川つばさ文庫)は、1本のロウソクを使ったたのしい実験で、身のまわりのふしぎを学ぼう!科学者のファラデーが子どもたちに見せた24種類の実験を、イラストと物語でやさしく教えるよ!読めばだれでも理科がわかる・科学を好きになる!たのしくておもしろい、理科実験の入門書となっている。

 

書誌情報

 

ロウソクの科学

<書名>
ロウソクの科学 (角川文庫)

<著者>
ファラデー 

<訳者>
三石巌

<定価>
本体520円+税  

<ISBN>
9784041002841

<内容>
たった1本のロウソクをめぐりながら、 科学と自然、 人間との深い交わりを伝える。

 
■詳細は こちら

 

 

ロウソクの科学――世界一の先生が教える超おもしろい理科

<書名>
ロウソクの科学――世界一の先生が教える超おもしろい理科(角川つばさ文庫)

<原作>
ファラデー 

<文>
平野累次/冒険企画局 

<絵>
上地優歩

<定価>
本体680円+税  

<ISBN>
9784046317070

<内容>
ファラデーが子どもたちに見せた24の実験を、 イラストと物語でやさしく教える。

 
■詳細は こちら

 

 

ノビルコで関連する習い事を探す

 

 

 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント プログラミング 小学生 親子 夏休み 体験 自由研究 お絵描き・工作 英語・英会話 夏休み2019 料理 ロボット 書籍 職業体験 無料 自宅学習2020 調査結果 ワークショップ サッカー 科学 インタビュー 自然体験 コンテスト スポーツ ものづくり コラム 運動 実験 音楽