ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

習い事ナビ 2017.06.22

【インタビュー】知らないうちに親が子の時間を管理して奪っている!?子どもにとっては大事な時間の使い方とは?

投稿者: ノビルコ編集部

インタビュー コラム ニュース


 

「ぼーっとしてるくらいなら、○○しなさい!」
 
そんな風にわが子を叱りつけたことのある親、もしくは子ども時代に親にそう叱られた経験を持つ大人は多いのでは?

だが育児・教育ジャーナリストのおおたとしまささんは、「子どもにとっては、ぼーっとする時間こそが一番大事」と力強く言い切る。

詰め込み型スケジュールが子どもに与える弊害とは? 「ぼーっとする時間」を持つことは、子どもにどんないい影響をもたらすのか? 最新の著書『習い事狂騒曲 正解のない時代の「習活(しゅうかつ)」の心得』(ポプラ新書)が話題のおおたさんに、前編に引き続きお話を聞いた。

 

放課後の過密スケジュールはなぜ危ういのか?

 
――『習い事狂騒曲』の中では、子どもの放課後の予定を学習塾や習い事でぎっしり詰め込んでしまう親は、無意識のうちに子どもから「時間の感覚」を奪っている、という鋭い指摘がありました。教育熱心な親ほどドキッとさせられるかもしれません。
 

まさにそこが本書の一番のメッセージなんです。スポーツだったり、英会話だったり、いろいろな習い事をさせれば、それだけ子どもの可能性は広がりますね。けれども、毎週習い事をさせるということには、その分、子どもが「誰と、どこで、何をして過ごそうか」と自発的に考える機会、デザインする力を奪っているという側面もあるのです。

もちろん、子どもが「やりたい」と意思表示していることなら積極的にやらせてあげるべきでしょう。そうではなくて、親の勝手な思い込みで子どもの放課後を強制的にびっちりと埋めてしまうのは、その子の成長する時間を奪ってしまう側面もあるということは気をつけてほしいですね。

 
――親としては「ぼーっと無駄な時間を過ごすくらいなら、何でもいいから何かさせたほうがいいんじゃないかな」とつい思ってしまいがちですが…。
 

子どもには、ぼーっとする時間も絶対に必要なんですよ。むしろそんな時間にこそ、子どもたちは成長している。今日の放課後をどういう風に使おうか? となったときに、「晴れてるから友達と公園でサッカーしよう」「ザリガニ釣りに行こう」「家で漫画読んでようかな」「ゲームしよう」といろんな選択肢がありますよね? 

何をしているときなら自分は心地いいのかを感じる時間はすごく重要。それを何度も繰り返すことが、自分の人生をどう生きるかを考えることにもつながります。親が子どもの意見を無視して放課後の予定を全部埋めてしまうということは、その訓練をさせないこととイコールです。少なくとも小学校低学年までは、「テレビを見る時間を制限する」と同じような感覚で、習い事の数にも制限を設けるほうがいいと思います。

 

 

「習い事の数」と「人生で得るもの」は比例しない

 
――親が子に「一方的にやらせる」のではなく、親子で相談しながら進めていくことも大切なのですね。では最後に、習い事選びの秘訣を教えてください。
 

まずは子どもが「やりたい」と言うものを優先させてください。後先考えず「あれもこれもやりたい!」と言う子の場合は、親子で相談して優先順位を付け、数を絞りこみましょう。何か新しいものを始めるのなら、別の何かを手放さなければならない。そういう訓練を積み重ねていくことも大事な経験だと思います。

親としてもできる範囲でいいんです。無理に3つも4つも掛け持ちさせる必要なんてない。きょうだいが増えたら時間にもお金にも制約が出てくるし、そのときは2つから1つに減らせばいい。それは負い目でも何でもなくて、きょうだいがいることで日常生活の中で得られるものもたくさんある、と考えてください。

習い事を1つやっている人生と、5つやっている人生で、何か得られるものが違うのかっていったら、僕はそんなに変わらないと思います。これからの時代に必要とされるであろう「非認知能力」や「やり抜く力」などは、おそらくどんなことでも一生懸命やることで磨かれるはず。大事なのは「何をやるか」よりも、「どのようにやっていくのか」なのです。

 

<取材・文/阿部花恵>

 

習い事狂騒曲 正解のない時代の「習活」の心得

おおたとしまさ
ポプラ新書 800円(税別)

そもそも親は何のために子どもに習い事をさせようとするのか? 習い事熱が高まってきた時代背景、親世代とは違う常識、習い事選びの提案など、最新の「習活」事情を踏まえつつ、情報過多の時代の習い事の心得を説く。「わが子にどんな習い事をさせるのが正解なのか?」と悩んでいる親は必読。

Amazonで購入

 

お話をお聞きした人
おおたとしまさ(おおた・としまさ)
育児・教育ジャーナリスト。1973年東京生まれ。東京外国語大学英米語学科中退、上智大学英語科卒業。リクルートを2005年に独立後、数々の育児誌・教育誌の監修・編集・執筆を担当。現在は育児・教育に関する執筆・講演活動を行う。著書に『なぜ東大生の3人に1人が公文式なのか?』(祥伝社新書)、『ルポ 塾歴社会』(幻冬舎新書)、『追いつめる親』(毎日新聞出版)など。

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    2020年 21世紀型スキル 3 3歳 AERA with Kids AI AppKids CAD教室 CodeMonkey DIY Hour of Code IchigoJam JAXA Knocknote KOOV littlebits MBA MESH Minecraft STEM教育 YouTuber アート アイススケート アウトドア アクティブ・ラーニング アサヒビール アナウンサー アフタースクール アプリ アプリ教室 アンケート イベント インタビュー オーケストラ おこづかい オセロ オリンピアン オリンピック オンライン オンライン講座 お年玉 お絵描き お絵描き・工作 お菓子作り かけっこ カメラ キャンプ キャンペーン クッキング クリスマス グローバル コーチ コラム ゴルフ コンクール コンサート コンテスト コンピュータ サイエンス サイエンスショー サッカー シーガイア スイミング スキー スクール スクールレポート スクラッチ スケート スノーボード スピーチ スポーツ スポーツ教室 セミナー そろばん タグラグビー ダンス データ テーブルマナー デザイン テニス トレッキング ニュース ノビルコ ノビルコ主催 はじめて バスケットボール パティシエ バトミントン パラリンピアン バレエ ピアノ ファッションデザイン ファミリー フットサル ブラジル プレゼンテーション プレミアムフライデー プログラミング ボウリング ホッケー ボルダリング マインクラフト まとめ マナー ミュージカル ミュージカル教育 メルセデス・ベンツ メンテナンス モデル ものづくり ユーチューバー ヨガ ラグビー ラクロス ららぽーと新三郷 ららぽーと豊洲 ランキング ランニング ルービックキューブ レゴ レッスン レビュー レポート ロボット ワークショップ 不具合 主催 二子玉川 五輪 五郎丸 京都 仙台 体操 体験 作品募集 作文 保護者 保護者向け 入園式 入学式 写真 冬休み 初めての習い事 創造力 北海道 千葉 卒園式 卓球 参加イベント 名古屋 和歌山 品川区 土屋鞄製造所 基礎知識 声優 夏休み 大会 大分 大阪 子どもの将来 子どもの習い事ランキング 子ども向け番組 子育て 学童 学童保育 学習 学習玩具 宇宙 実験 実験教室 宮崎 家族 宿題 将棋 小5 小6 小学校 小学校受験 小学生 小金井公園 工作 工場見学 年賀状 年長 幼児 幼稚園 応募 恐竜 手芸 打楽器 撮影のコツ 撮影会 文部科学省 料理 新機能 新江ノ島水族館 新聞 旅行 日産スタジアム 星空観望 映像制作 映画 春休み 書籍 書道 木工教室 未就学 未就学児 東京 横浜 横浜みなとみらいホール 水族館 水泳 沖縄 海外 渋谷区 無料 無料体験 片づけ 留学 番組 百人一首 知育玩具 短期 研究 神奈川 神奈川県 神奈川県川崎市 神戸 秋田県 科学 科学教室 算数 紀伊国屋書店 絵画 習い事 習字 職業 職業体験 育児 育児休暇 自分時間 自然体験 自由研究 英語 英語・英会話 茶道 葛飾区 裁縫 親子 読書 読書感想文 調査 調査結果 講演会 講習会 費用 資格 資格取得 農業 造形 運動 道徳 野球 開校情報 陶芸 障害 電子工作 電子書籍 電池 音楽 食育 飼育 駒沢オリンピック公園 鴨川シーワールド