ノビルコ | 子どもの習い事(スクール・教室・コーチ)の口コミ・評判、ランキングサイト

習い事ナビ 2019.10.16

『第七回 親子でチャレンジ国際理解!ちびっこおえかきコンテスト』参加園募集!世界にふれるきっかけを、未来を担う子どもたちに。

投稿者: ノビルコ編集部

お絵描き・工作 コンテスト ニュース 親子

今年も、幼稚園・保育園・こども園の子どもたちを対象に『第七回 親子でチャレンジ国際理解!ちびっこおえかきコンテスト』が開催される。参加園を募集中。

 


 

 

主催は、認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパンならびに公益財団法人ベネッセこども基金の共催となる。

このコンテストは、未来を担う子どもたちが世界にふれるきっかけを作ることを目的に、発展途上国の問題について映像教材を見て思いを絵で表現することで、親子で国際理解を深め、楽しく学べる教育プログラムだ。受賞作品は実際にDVDに登場した子ども(本年はバングラデシュのサンジダちゃん)に届けられると共に、グッドネーバーズが当該の子どもを含む現地の支援を行う。

参加は幼稚園・保育園・こども園単位となる(園の先生方がお申込み、参加キットの配布、作品の応募取りまとめを行うことになる)。
※参加費は無料。

本コンテストは、第 13 回 キッズデザイン賞の《子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン》部門で受賞した。

 

コンテスト概要

 

<参加対象>
保育園・幼稚園・こども園の幼児とその保護者

<参加申込受付締切>
2019年11月21日(木)

<作品応募締切>
2019年12月24日(火)必着

<結果発表>
2020年1月下旬

<表彰式>
2020年2月29日(土)予定

<会場>
ベネッセコーポレーション多摩オフィス

 

「ちびっこおえかきコンテスト」の目的

 

 

これからの時代に求められる広い視野を持った「国際人」の基礎は、幼い頃から“世界”に触れることで築かれると考える。就学前の子どもが家庭で発展途上国の問題への意識を深める機会を作るべく、本コンテストを2013年から開始した。2015年より趣旨に賛同したベネッセこども基金との共同開催となり、のべ9,066名の子どもたちが参加している。

 

参加者の声

第七回はバングラデシュのサンジダちゃんが主人公

 

​・映像を見たことをきっかけに、アグネスちゃんのパパの腕を治すお医者さんになりたい、と言う子もいました。(第六回 園関係者様)

・同世代のお友達に起こっている問題を真剣に考えて、何かできることがないか相談しました。取り組みやすいDVDで、自ら学ぼうとしていました。これを機に学びを深めたいです。(第六回 保護者様)

 

教材の紹介

 

 

おえかきキット(イメージ)

 

コンテスト詳細

<名称>
第七回親子でチャレンジ国際理解!ちびっこおえかきコンテスト

<参加申込受付締切 >
2019年11月21日(木)

<作品応募締切>
2019年12月24日(火)必着

<対象>
全国の幼稚園、保育園、こども園に通っている子ども
(園単位での申し込みが原則)

<内容>
発展途上国に住むひとりの子どもの生活を題材にしたDVDを観て、その子に向けて描いた絵を応募(所定の応募用紙あり)

<参加料>
無料(作品の送料は負担のこと)

<入賞者発表 >
2020年1月下旬
・最優秀賞、優秀賞(賞状+賞品)
・企業賞、審査員賞など各数名(賞状+賞品)
・団体賞1園(賞状+賞品)
・参加賞は全員

<表彰式>
2020年2月29日(土)
※各賞受賞者を招いてベネッセコーポレーション多摩オフィスで開催予定

<共催>
認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン、公益財団法人ベネッセこども基金

<後援>
外務省、文部科学省、JICA(独立行政法人 国際協力機構)

<協賛>
株式会社大丸建設、株式会社高棟建設工業、株式会社匠家、株式会社千葉工務店、
有限会社ひと・環境計画、ふんわりネット、松下徽章株式会社、ミドリムシ不動産、株式会社山長商店

 

■詳細、参加申し込み方法は こちら

 

 

ノビルコで関連する習い事を探す

 

 

おすすめ記事

  • メルマガ登録

    週刊ノビルコマガジン(週1配信)

  • 記事内キーワード検索

    最近の投稿

    注目の投稿

    過去の投稿

    タグ

    ニュース イベント プログラミング 小学生 親子 夏休み 体験 自由研究 お絵描き・工作 英語・英会話 夏休み2019 ロボット 料理 書籍 職業体験 無料 自宅学習2020 ワークショップ 調査結果 サッカー 科学 自然体験 インタビュー コンテスト スポーツ ものづくり コラム 運動 実験 コンクール